推奨されます, 2022

エディターズチョイス

Windows 7で管理者承認モードをオフにする

最新バージョンのWindowsを使用する上で最もわかりにくい点の1つは、管理者アカウントと管理者権限を持つアカウントを区別することです。 Windows VistaからWindows 7に移行したオペレーティングシステムは、実行中のアプリケーションを管理者として以前のバージョンとはまったく異なる方法で処理します。

Windows XPの問題の1つは、標準的なユーザーが管理者だけに制限されたことをすることになると手を結びつけていたことです。 ただし、管理者権限を持つアカウントは、PC上のあらゆるものへのアクセスを制限されていませんでした。 これにより、2つのセキュリティ問題が発生しました。

まず、標準ユーザーアカウントは非常に制限されているため、ほとんどのユーザーはすべてのアカウントを管理者権限を持つXPコンピュータにセットアップしました。 第二に、管理者権限を持つハイジャックされたアカウントは、不正なプログラムの実行や個人用フォルダへのアクセスから自分自身を保護する方法がありませんでした。 しかし、Windows Vistaと7では、マイクロソフトは制限が多すぎても少なすぎても独創的なトレードオフを作りました。

管理者承認モード

以前のオペレーティングシステムの特権問題と戦うために、ソフトウェア大手は管理者アカウントだけにPCのあらゆる面への完全で制限のないアクセスを与えました。 管理者権限を持つアカウントは、管理者権限を必要とする操作が必要になるまで、技術的に標準のユーザーアカウントとして機能します。 その時点で、アカウントは一時的に管理者承認モードに入り、操作が完了すると標準ユーザーモードに戻ります。

標準ユーザーと管理特権ユーザーのこの方法では、セキュリティーが強化され、許可されていないアプリケーションの起動を許可しません。 残念なことに、マイクロソフトはWindows Vistaを少し乗り越えて管理権限を持つことを要求しました。 Windows 7では、Microsoftは迷惑なメッセージを取り戻し、管理者権限を持つアカウントのユーザーにとってバランスの取れたエクスペリエンスを実現しました。

ただし、セキュリティがあまり問題にならない場合は、管理者承認モードを無効にして、管理者特権を持つアカウントが管理者アカウントであるかのように動作することを許可できます。 便宜上セキュリティを犠牲にして、Windows 7の管理者アカウントをWindows XPの場合と同じように自由に動作させることができます。

管理者承認モードをオフにする方法

管理者権限を持つアカウントを使用してWindowsにログインします。 次に、 スタート>すべてのプログラム>管理ツール>ローカルセキュリティポリシーの順にクリックします。

これにより、[ ローカルセキュリティポリシー]オプションウィンドウが開き、Windowsの動作方法に関する多くの機能を変更できます。

[ ローカルセキュリティポリシー ]ウィンドウの左側のペインで、[ ローカルポリシー ]フォルダをクリックしてから[ セキュリティオプション ]フォルダをクリックします。 これで、右側のペインに多数のオプションが表示されるはずです。

右側のウィンドウで、[ ユーザーアカウント制御:すべての管理者を管理者承認モードで実行する]というオプションを探します

このオプションを右クリックして、メニューから[ プロパティ ]を選択します。 デフォルト設定は[ 有効]です。 [ 無効 ]オプションを選択し、[ OK ]をクリックします。

変更を有効にするには、Windows 7からコンピュータを再起動する必要があることが通知されます。 PCを再起動すると、次に管理者アカウントでログインしたときに、管理者承認モードが無効になります。

管理アカウントに関しては、Microsoftのセキュリティと使いやすさの間のトレードオフは、Windows 7のほうが以前のバージョンのオペレーティングシステムよりもはるかに優れています。 ただし、管理者承認モードを無効にすると、管理グループに属するすべてのアカウントを管理者レベルに昇格させたままにすることができます。

管理者がより高いレベルの権限を必要とするすべてのアクションを承認することを必要とするそれらはもはや標準ユーザーモードに沈むことはありません。

Top