推奨されます, 2022

エディターズチョイス

リーダーとマネージャーの違い

私たちがリーダーとマネージャーについて話すとき、いつも話題があります。 リーダーシップはスキルであり、この能力を持つ人はリーダーとして知られています。 一方、 管理は学問分野であり、この学問分野の実践者は管理者として知られています。

リーダーは、組織の目的を達成するために積極的に働くことを勇気づけ、励まし、そして影響を与えるものであるという意味で、リーダーとマネージャーはあらゆる組織で果たすべき大きな役割を持っています。 一方、マネージャーは会社とそのステークホルダー、すなわち従業員、顧客、サプライヤー、株主、政府、社会などとの間の重要なリンクです。 彼は基本的な管理機能を実行する人です。

この記事の抜粋は、リーダーとマネージャーの違いを理解するのに役立ちます。ぜひ読んでください。

比較表

比較基準リーダー部長
意味
リーダーは、特定の目標を達成するために部下に影響を与える人です。管理者は組織を管理し、計画、指示、調整および管理を担当する人です。
アプローチ方向を設定計画の詳細
属性先見の明マインド
下位フォロワー従業員
スタイル変革の取引の
決定決定を容易にする決断する
目的成長と発展。要求された結果の達成
フォーカスプロセスと手順
変化する指導者たちは変化を促進します。飼い葉桶は変化に反応します。
対立資産として紛争を利用する衝突を避ける
人を揃える人々を整理する
努力する有効性のために効率のために

リーダーの定義

リーダーは、特定の目標を達成するために彼のフォロワーに影響を与える人です。 彼はビジョンを持った人であり、それが彼らのビジョンになるような方法で彼のフォロワーを奮い立たせます。 彼は目標を達成するための戦略を立てるのを助け、部下をやる気にさせ、チームを創設し、革新をもたらし、ステークホルダー間の信頼を築くなど、他の資質とともに先見の明を持っている

組織の代表として行動する組織のあらゆるレベルでリーダーが必要です。 彼はチーム全体が協力して、ガイドや哲学者として彼らの仕事を成し遂げることで彼らをサポートすることを勧めます。

マネージャの定義

マネージャは、計画、組織、方向、調整、および管理を担当するように組織を管理する人です。 彼らは、いくつかの方法で従業員が自分の仕事を成し遂げ、従業員を雇用または解雇する権限を持っています。 トップレベルのマネージャ、機能マネージャ、プロジェクトマネージャ、ゼネラルマネージャなど、組織内に存在するさまざまなタイプのマネージャがいます。

これらのマネージャの役割は、トップレベルのマネージャが組織のビジョンと任務を担当し、機能的マネージャがマーケティング、販売、経理などの仕事のさまざまな分野を担当するように、仕事の性質によって異なります。あるプロジェクトを遂行する責任、そしてゼネラルマネージャーの役​​割は鮮明です。すなわち、ビジネスで行われる様々な活動は彼によって管理されます。

リーダーとマネージャーの主な違い

リーダーとマネージャーの違いは、以下の理由で明確に説明できます。

  1. リーダーは部下に影響を与えて特定の目標を達成しますが、マネージャーは組織全体を管理する人です。
  2. リーダーは先見の明の質を持ち、マネージャーは知性を持ちます。
  3. リーダーが指示を出しますが、マネージャーが詳細を計画します。
  4. リーダーはそれを促進しながら、マネージャは決定を下します。
  5. リーダーとマネージャーは、リーダーがフォロワーを持ち、マネージャーが従業員を持つということです。
  6. マネージャは衝突を避けます。 それどころか、リーダーは紛争を資産として使用します。
  7. マネージャーはトランザクションのリーダーシップスタイルを使用します。 これに対して、リーダーは変革的リーダーシップスタイルを採用しています。
  8. リーダーは変化を促進しますが、管理者は変化に反応します。
  9. リーダーは人を揃え、マネージャーは人を組織します。
  10. リーダーは正しいことをするために努力します。 逆に、マネージャーは正しいことをするように努力します。
  11. リーダーは人に焦点を合わせ、マネージャーはプロセスと手順に焦点を合わせます。
  12. リーダーはチームメイトの成長と発展を目指し、マネージャーは最終結果の達成を目指します。

ビデオ:リーダー対マネージャ

組織では、計画、組織化、指導、統制および調整という5つの主要な機能を実行するのはマネージャです。 だから、私たちがマネージャーもリーダーであると言うなら、その声明は正しいでしょう、しかしそれらのマネージャーだけが励まし、やる気を起こさせる、などのリーダーのような機能を果たすリーダーとして考えられるのですべてのマネージャーがリーダーではありません。 さらに、リーダーは他人に影響を与える人なら誰でもかまいません、役職は管理職に付きません。 一方、管理職は、管理職を持つ人にしかなれません。

リーダーの資質

  • 鼓舞する能力
  • ビジョン
  • 信頼
  • 前向きな姿勢
  • よいコミュニケーション力
  • 考え方が柔軟な
  • 熱狂的な

マネージャーの資質

  • しつけ
  • 仕事に献身的
  • 信頼
  • 効果的な意思決定
  • 力量
  • 忍耐
  • エチケット

結論

リーダーとマネージャーの違いについて多くのことを話し合った後、どちらも組織の成功に必要であると結論づけることができます。 優れたリーダーとマネージャーは、長期的に生き残り、競合他社と競争するために組織を支援することができます。

リーダーの役割は前向きです。そこでは、彼はフォロワーの中に隠された才能を見つけ出し、その目標を達成するための適切な指針を彼らに与えます。 管理職の役割はやや否定的ですが、同氏は従業員をその分野で最高の成績を上げるためだけに批判し、士気を落とすためには批判しません。

Top