推奨されます, 2022

エディターズチョイス

下痢と赤痢の違い

下痢は、細菌性大腸菌による小腸(腸)の病気であり、 水様便を引き起こします 。患者は腹痛、痙攣、発熱を伴う場合と伴わない場合があります。 一方、 赤痢は結腸に影響を及ぼし、 大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌によって引き起こされるムコイド、血便、さらに腹痛、嘔吐、けいれん、高熱と衰弱をもたらします。

第二に、下痢は、適切な水分補給液を与え、液体食を取り、危険性の高い食品、低温殺菌されていない牛乳を避け、最も重要なことは清潔で純粋な水を飲むことで簡単治すことができます。 赤痢は下痢よりも深刻な病気であり、血便や粘液便を引き起こすため、治療せずに放置すると面倒になる可能性があるため、抗生物質を静脈内輸液とともに投与し、適切なケアと休息が必要です。

下痢と赤痢は、胃の病気に関連する臨床症状であり、一般の人々は混乱してこれらを交換して使用しますが、これらの2つの病気には大きな違いがあります。

比較表

比較の基礎下痢赤痢
意味下痢は感染症であり、1日3回以上は水様便を引き起こします。赤痢は、下痢の重篤な形態であり、血便と粘液便をもたらします。
症状/兆候水っぽい動き、脱力感、腹痛(痛みの有無は問わない)、痙攣脱水は、血液と粘液、腹痛、脱力感、痙攣、嘔吐を伴う運動です。
原因による大腸菌(大腸菌)。大腸菌(大腸菌)、赤痢菌、サルモネラ菌。
影響を受ける身体部分小腸
(腸)。
結腸。
標的細胞腸管腔および上部上皮細胞。潰瘍を引き起こす可能性のある上部上皮細胞。
細胞死細胞死なし細胞死が起こる可能性があります。
病気の影響発熱の可能性が少なくなります。発熱は一般的です。
痛みやけいれんはありません。下腹部の痛みとけいれん、脱力、結腸の潰瘍。
脱水以外の危険の可能性が少なくなります。栄養失調の複雑な結果、治療しないままにしておくと潰瘍が生じることがあります。
処理1.患者は、経口補水液または静脈内液体治療を行うことにより回復します。
2.抗菌薬が投与されます。
1.抗生物質の投与が必要です。
2.下痢止め薬を投与して治療する必要があります。
3.大量の液体摂取を伴う経口補水ソリューション。
4.静脈への液体物質の直接注入。

下痢の定義

下痢とも呼ばれる下痢は、1日に少なくとも3つの水様便を引き起こす病状です。 下痢は、胃に存在する大腸菌と呼ばれる細菌によって引き起こされ、小腸(腸)に影響を与えます。 感染、汚染された水を使用すること、およびその他の非衛生的な状態が原因で発生します。

下痢の症状には、けいれん(腹痛)、鼓腸、のどの渇き、体重減少、発熱が含まれます。 絶対または相対として分類できます。 1日に5回以上の排便または水っぽい便があるとき、それは絶対下痢と言うことができます。 一方、通常の習慣と比較して、1日あたりの水様便の数または排便の増加がある場合、それは相対的下痢と呼ばれます

下痢は、水分の多い便が水分を失うため、水分補給液を与えることで簡単治療できます。 通常、腹痛の可能性はまったくないか、非常に少なく、発熱や重篤な影響の可能性はありません。

細胞死はなく、感染因子(病原体)によって放出される毒素により病気が引き起こされます。 感染症が高い場合、抗菌薬も患者に投与されます。

注意事項

  • 汚染された水を使用しないでください。
  • 適切に手を洗ってください。
  • 感染者と接触しないでください。

赤痢の定義

赤痢は下痢のより深刻な状態であり、便には血と粘液が付きます。 赤痢疾患は、大腸菌、赤痢菌、サルモネラ菌などの細菌によって引き起こされ、主に結腸に影響を及ぼします。 子供、特に2〜4歳は危険にさらされています。

患者は通常、腹痛、けいれん、嘔吐、発熱に苦しみ、結腸での細胞死と潰瘍形成、場合によっては栄養失調を引き起こす可能性があります。 したがって、水分補給液、抗生物質、静脈注射を与え、食事中の液体摂取量を増やすなどの適切な治療を行う必要があります。

注意事項

  • 未処理の水は使用しないでください。
  • 公衆トイレの使用は避けてください。
  • 感染者と接触する必要があります。
  • 清潔さを維持してください。

下痢と赤痢の主な違い

2つの病気の主な違いは次のとおりです。

  1. 赤痢は、 下痢水っぽい便があり、簡単に治る状態である下痢よりもはるかに重症であり、唯一のリスクは脱水症ですが、便に血と 粘液が伴う場合は赤痢と言われます。
  2. 下痢は大腸菌が原因で、赤痢は大腸菌、赤痢菌、サルモネラが原因で、それぞれ小腸(腸)結腸に影響を及ぼします。
  3. 水様の動き、脱力感、腹痛(あってもなくてもよい)、けいれん、鼓腸、喉の渇きは下痢の症状ですが、赤痢の人は血液と粘液、腹痛、脱力感、けいれん、嘔吐を伴う運動に苦しみます。
  4. 下痢では、腸管腔の細胞と上上皮細胞が影響を受けますが、赤痢では、上上皮細胞が影響を受け、潰瘍を引き起こす可能性があります。
  5. 下痢は赤痢よりもリスクが低いです。 前者は再水和溶液と抗菌薬を提供することで治療可能であり、後者は腹痛、けいれん、高熱があり、治療せずに放置すると結腸潰瘍を引き起こす可能性があり、特に2歳から4歳の幼児が主に影響を受けます。
  6. 下痢に苦しんでいる人は、抗菌薬が与えられているように、経口補水液または静脈内液体治療で治療されます。 しかし、赤痢に苦しんでいる人は特別な注意を必要とするので、抗生物質、経口補水液とともに下痢止め薬も投与されます。

結論

両方の病状は、細菌による感染症によるものであり、腹部の痛み、けいれん、発熱などの衰弱やその他の重篤な結果をもたらします。 このような感染を避けるために予防策を講じる必要がありますが、これらは伝染性であり、他にも影響を与える可能性があります。

Top