推奨されます, 2021

エディターズチョイス

権利株式とボーナス株式の違い

同社の資本は、定価の小さな株に分割されています。 ここで、各株は、市場から資金を調達するために、一般に売りに出される所有単位と見なされる。 普通株でも優先株でもかまいません。 会社法では、 権利のある株式の形で既存の株主に対して割引価格で追加の株式を発行することで、企業の購読資本を増やすことができると定めています。

これとは反対に、企業が膨大な分配可能利益を保有している場合、その利益を資本に変換し、それを保有分に応じて株主間で分割します。 ボーナス株として。

この記事の抜粋では、右株とボーナス株の違いについて深く理解していただけるので、ぜひ読んでください。

内容:権利株式とボーナス株式

  1. 比較表
  2. 定義
  3. 主な違い
  4. 結論

比較表

比較基準右株ボーナス株式
意味権利株は、既存の株主が保有しているものと同等のものであり、一定の期間、一定の価格で購入することができます。ボーナス株式とは、累積利益および準備金のうち、保有持分に比例して既存の株主に対して無償で会社が発行した株式を指します。
価格割引価格で発行無料で発行
目的会社のための新鮮な資金を調達する。一株当たりの市場価格をより一般的な範囲内にするため。
放棄株主はその権利を完全にまたは部分的に放棄することができます。そのような放棄はありません
払い戻し額全部または一部支払い済み。常に全額支払い済み。
最低購読必須必須ではありません

権利の定義

権利株式は、さらなる発行により、会社の発行済株式資本を増やすことを目的として、会社が発行した株式です。 権利株式は、主に比例配分で、発行状を通じて、現在の株主に発行されます。

会社は各株主に通知を送信します。これにより、会社から割引価格で提供された株式を購入するかどうかを選択できます。 株主は、定められた期間内に、自分が選択した株式数について会社に通知する必要があります。 株主は、特別決議を通じて、会社が一般大衆または特定の投資家に対して優先的に株式を発行することを可能にするために、この権利を部分的または完全に没収することができます。

ボーナス株式の定義

賞与株式は、株主が保有する株式数に応じて、当社の既存の株主に発行された株式の無償株式を表します。 賞与の発行は発行済株式の総数を増加させるだけですが、企業の自己資本に変更を加えることはありません。 それにもかかわらず、ボーナス発行として会社が発行する株式の総数は増加しますが、株主が所有する株式の比率は変わりません。

何の対価もなしに株主に発行されるため、ボーナス株式は新しい資本を会社に投入しません。 2013年会社法第63条に基づき、会社は以下の準備金/口座のいずれかから、全額払込済みのボーナス株式を発行することができます。

  • 無料予約
  • 証券プレミアム口座
  • 資本償還準備金口座

ただし、資産の再評価から生じた準備金を資産計上してもボーナス株式を発行することはできません。

権利株式とボーナス株式の主な違い

権利株式とボーナス株式の違いは、次の前提で明確に説明できます。

  1. ボーナス株式は、純利益または現金で回収された有価証券から作成された無償準備金のうち、現在の株主に与えられている株式を暗示します。 一方、権利株式とは、規定の期間内に適用可能な追加の資本を市場から調達するために会社が既存の株主に提供する株式です。
  2. 権利株式は、現在の市場価格よりも低い価格で株主に提供されます。 逆に、ボーナス株式は無償で株主に発行されます。
  3. 正しい問題の基本的な目的は、会社に資本を追加することです。 反対に、ボーナス発行は発行済株式の数を増やすことによって活発な取引を増やすことを目的としています。
  4. 権利放棄の機能は、株主が権利を放棄することができる権利のある株式に利用できます。 ただし、ボーナス株式の場合、そのような選択肢はありません。
  5. ボーナス株式は常に全額支払われますが、追加株式が発行されたときの株式の価値に対する払込の割合に応じて、右株は部分的に支払われるかまたは全額支払われます。
  6. 権利の発行には最低購読が必須ですが、ボーナス発行にはそのような購読は必要ありません。

結論

認識された証券取引所で株式が上場されている会社は、権利または賞与の発行として既存の株主に株式を発行する必要があります。 権利株式は、現在の株主に権利を発行することによって、一次市場で株式を売却することを含みます。 一方、ボーナス株式の発行は、株式の形で会社が配当を支払うことに似ています。

Top