推奨されます, 2021

エディターズチョイス

収入と利益の違い

収益は、事業体がその日々の業務を通じて、すなわち商品の販売または顧客へのサービスの提供から得た収入です。 一方、 利益とは、会社の財務上の利益、つまり商品の販売から得られた金額が商品の購入または生産に費やされた金額を超える場合を指します。 結果は利益になります。 利益には、総利益と純利益の2種類があります。

収入がバックボーンであるならば、利益はビジネスの生命線です。 どちらも、企業の長期的な存続、成長、および拡大のために密接に連携していく必要があります。 収益と利益の間には直接の関係があります。つまり、収益が高いほど、収益は大きくなり、その逆も成り立ちます。

与えられた記事を読み、収益と利益の違いを理解してください。

コンテンツ:収益対利益

  1. 比較表
  2. 定義
  3. 主な違い
  4. インクリメントの方法
  5. 結論

比較表

比較基準収入利益
意味期間中の商品の販売、提供されたサービスなどのさまざまな活動からの収入。インプット、その他の費用、および税金の費用を差し引いた後の剰余金は、利益です。
相互依存収入は利益とは無関係です。利益は収益に依存します。
重要性ビジネスの究極的な成長のためには、収入が不可欠です。それがなければ、会社はいかなる種類の利益も得ることができないからです。利益は、事業の起業家が取るリスクに対する見返りであり、事業の成長と将来の偶発事象を満たすために使用されます。
タイプ営業収益、営業外収益。売上総利益、純利益

収益の定義

収益とは、商品およびサービスの販売に対して、そして他の日々の業務の遂行を通じて、事業が受け取る金額です。 売上から売上が生み出される場合、それは「売上高」と呼ばれます。

収益は、企業の固定費および変動費を満たすのに役立つため、事業の生命線です。 それは会社がそのビジネスを効果的かつ効率的に運営するのを助けます。 以下は収益の種類です。

  • 営業収益
    通常の事業運営から生み出される収益は、営業収益などの営業収益として知られています。
  • 営業外収益
    並んで実行されている事業の他の活動を通じて生み出される収益は、非営利収益、例えば、利子、税金、配当金、家賃などと呼ばれます。

利益の定義

利益は、起業家が自分の事業を運営するために負ったリスクに対する見返りです。つまり、彼が行った投資に対する見返りです。 それはあらゆる事業の成長と長期的な存続のために不可欠であり、実際に事業の成功はその収益を生む能力にのみ依存しています。

取引費用、事務管理費、販売管理費、税金、利子、配当金などのいくつかの費用を差し引いて利益を得ることができます。以下は利益の種類です。

  • 粗利益
    Salesから取引費用を差し引いた後に到達した利益は、Gross Profitとして知られています。
  • 純利益
    収入から事務費、管理費、販売費およびその他の費用差し引いた後の利益が純利益です。

収益と利益の主な違い

  1. 収益は、さまざまな取引活動を通じて事業が受け取る金額であり、一方、収益は、あらゆる種類の費用および費用を削減した後に残された剰余金です。
  2. 収益は、事業を効率的かつ効果的に運営するために必要です。 一方で、利益は長期的に事業の存続と成長のために必要です。
  3. 収益は決して収益に依存しませんが、収益は収益に依存します。 言い換えれば、より多くの収入、より多くの利益があります。

会社は車を販売しているので、車の販売から受け取った金額は収入と見なされますが、収入が生産コスト(つまり、使用される材料、給与、照明費、保険、税金など)を超える場合は、利益

収入を増やす方法:

  • リーズナブルな価格で質の高い製品を提供しましょう。
  • 割引を提供します。
  • 広告を通じて商品やサービスに関する知識を広めます。
  • アフターサービスを提供します。
  • リベートを提供してください。
  • 操作範囲を広げる。
  • 適正価格を請求する。

利益を増加させる方法:

  • 不要な経費を削除します。
  • 少ない割引を与えます。
  • 在庫管理システムを使用する。
  • 無駄を避ける
  • サプライヤーから割引を受けます。
  • 必要に応じて値段を上げます。
  • 新しい顧客と市場を見つけましょう。
  • 新しい商品ラインを追加します。

結論

さて、上記の詳細な説明から、これら2つの用語である「収益」と「利益」が互いに異なることは明らかですが、利益は収益からくるのも事実です。 それで、どんなビジネスの成功のためにも、両方が同時に成長することが必要です。

Top