推奨されます, 2022

エディターズチョイス

オッズと確率の違い

列車が遅れる、家に着くまで1時間かかる、などの発言をしていることにお気づきかもしれません。 この種のステートメントは、発生が確実ではないため、イベントの可能性を示します。 これは、イベントが発生する可能性の程度を意味します。

確率は、客観的確率と主観的確率の2種類に分けられます。 主観的確率は、その人の態度、信念、知識、判断および経験に基づいています。 数学では、客観的確率を調べます。

確率は、イベントが発生しない確率に基づいて、イベントが発生する確率を表すため、オッズとは異なります。 それでは、下の記事で提供されるオッズと確率の違いを見てみましょう。

比較表

比較基準オッズ確率
意味オッズとは、イベントに有利に働く可能性を、それに対抗するチャンスを指します。確率とは、イベントが発生する可能性を指します。
で表現された比率パーセントまたは小数
間にあります0から∞0から1
発生/非発生発生/全体

オッズの定義

数学では、オッズという用語は、有利なイベントの数と不利なイベントの数の比として定義できます。 一方、イベントのオッズはそのイベントが発生する可能性を示し、一方でのオッズはそのイベントが発生しない可能性を反映します。 より正確には、オッズは特定のイベントが発生するかどうかの確率として説明されています。

オッズはゼロから無限大の範囲であり、オッズが0の場合、イベントは発生する可能性は低いですが、∞の場合、発生する可能性が高くなります。

例えば 、ある袋に20個のビー玉があり、8個が赤、6個が青、そして6個が黄色であるとします。 1つの大理石がランダムに選ばれることになっているならば、赤い大理石を得ることの可能性は8/12または2:3と言う

確率の定義

確率は数学的概念であり、これは特定のイベントの発生の可能性に関係しています。 それは仮説検証の理論と推定理論の基礎を形成します。 これは、イベントの総数に対する、特定のイベントに有利なイベントの数の比率として表すことができます。

確率は0と1の範囲です。 したがって、イベントの確率が0の場合、それは不可能なイベントを意味し、1の場合、それは確実または確実なイベントの指標です。 つまり、イベントの確率が高いほど、そのイベントが発生する可能性が高くなります。

:ダーツボードが12個のゾディアックの12個の部分に分割されているとします。 今、ダーツがターゲットにされているならば、好ましい出来事が1であるので、エリアの発生の可能性は1/12です、すなわち牡羊座と出来事の総数は12です。

オッズと確率の主な違い

オッズと確率の違いは、以下の点で説明されています。

  1. 「オッズ」という用語は、イベントが発生する可能性があるかどうかを表すために使用されます。 反対に、確率がイベントの発生の可能性、すなわちイベントがどのくらいの頻度で起こるかを決定します。
  2. オッズは比率で表現されていますが、確率はパーセンテージ形式または10進数で書かれています。
  3. オッズは通常ゼロから無限大の範囲で、ゼロはイベントの発生不可能を定義し、無限大は発生の可能性を示します。 逆に、確率は0から1の間にあります。 そのため、確率がゼロに近づくほど、それが発生しない可能性が高くなり、確率が1に近づくほど、発生する可能性が高くなります。
  4. オッズは、不利なイベントに対する有利なイベントの比率です。 対照的に、確率は有利なイベントをイベントの総数で割ることによって計算できます。

結論

確率はオッズを含む数学の一分野です。 オッズや確率を使ってチャンスを測定することができます。 オッズは非発生に対する発生の比率ですが、確率は全体に対する発生の比率です。

Top