推奨されます, 2022

エディターズチョイス

先進国と途上国の違い

国は国連によって2つの大きなカテゴリーに分けられます。それは先進国と発展途上国です。 国の分類は、GDP、GNP、一人当たりの収入、工業化、生活水準などの経済的地位に基づいています。他の国々に。

工業化が低く、人間開発指数が低い発展途上国と呼ばれています。 発展途上国ではこれらのことが欠けているのに対し、先進国は自由で健康的で安全な生活を提供しています。

両者について徹底的な調査を行った後、我々は先進国と途上国の違いを様々なパラメータを考慮して表形式でまとめた。

比較表

比較基準先進国開発途上国
意味工業化と個人所得の実効率がある国は先進国と呼ばれています。発展途上国は、工業化の速度が遅く、一人当たりの収入が少ない国です。
失業と貧困低い高い
料金平均寿命率が高い間、乳児死亡率、死亡率および出生率は低いです。乳児死亡率、死亡率および出生率が高く、平均余命率が低い。
生活条件良い中程度
からより多くの収益を生み出します産業部門サービス部門
成長高い産業成長彼らはその成長を先進国に頼っています。
生活水準高い低い
所得の分配等しい等しくない
生産の要因有効活用されている無効に利用された

先進国の定義

先進国は、経済と工業化の観点から発展している国です。 先進国は、自給自足の国であるため、先進国または世界初の国としても知られています。

人間開発指数(HDI)統計は、その開発に基づいて国をランク付けします。 高い生活水準、高いGDP、高い児童福祉、医療、優れた医療、交通機関、通信および教育施設、よりよい住居と生活環境、工業、インフラ、技術の進歩、一人当たりの収入の増加、増加平均余命などで先進国として知られています。 これらの国々は、産業後経済を抱えているため、サービス部門と比較して産業部門からより多くの収益を生み出しています。

以下はいくつかの先進国の名前です:オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、ノルウェー、スウェーデン、スイス、アメリカ。

発展途上国の定義

一人当たりの所得が低く、初期レベルの産業開発を経ている国は発展途上国として知られています。 これらの国々は第三世界の国々のカテゴリーに入ります。 彼らはまた、低先進国として知られています。

発展途上国は先進国に頼って、発展途上国が全国の産業の確立を支援しています。 その国は低い人間開発指数(HDI)を持っています、すなわち、生活するための健康で安全な環境、低い国内総生産、高い識字率、貧弱な教育、交通、通信および医療施設、持続不可能な政府債務、所得、高い死亡率と出生率、母親と乳児の両方への栄養失調、乳児死亡率の上昇、生活環境の悪化、高い失業率、貧困

以下はいくつかの途上国の名前です:中国、コロンビア、インド、ケニア、パキスタン、スリランカ、タイ、トルコ。

先進国と開発途上国の主な違い

以下は先進国と発展途上国の主な違いです

  1. 独立して繁栄している国は先進国として知られています。 工業化の始まりに直面している国は発展途上国と呼ばれています。
  2. 開発途上国は、開発途上国と比較して一人当たり所得とGDPが高い。
  3. 先進国では識字率が高いが、発展途上国では非識字率が高い。
  4. 先進国は安全衛生の面で優れたインフラとより良い環境を持っています。これらは開発途上国にはありません。
  5. 先進国は産業部門から収益を生み出しています。 逆に、途上国はサービス部門から収入を得ています。
  6. 先進国では、人々の生活水準は高く、発展途上国ではそれほど高くありません。
  7. 先進国では資源が効果的かつ効率的に利用されています。 一方で、途上国では資源の適切な利用が行われていません。
  8. 先進国では、出生率と死亡率は低いのに対し、発展途上国では両方の率が高いです。

結論

発展途上国は先進国として浮上している間、先進国は自給自足の繁栄であるとして先進国と発展途上国の間に大きな違いがあります。 開発途上国は、開発段階を初めて経験する国です。 我々が先進国について話すならば、それらはポスト産業経済であり、そしてこの理由のために、彼らの収入の最大部分はサービス部門から来る。

開発途上国は、開発途上国と比較して高い人間開発指数を持っています。 前者はあらゆる面で地位を確立し、その努力によって主権を握っているが、後者は依然として同じことを達成するのに苦労している。

Top