推奨されます, 2021

エディターズチョイス

複利と割引の違い

お金の時間的価値は、お金の単位の価値が将来変更されることになっていると言います。 簡単に言えば、今日の1ルピーの価値は将来減少するでしょう。 全体の概念は、お金の現在価値と将来価値についてです。 異なる時点でお金の価値を確認するために使用される2つの方法、すなわち複利計算と割引があります。 複利法は現在のお金の将来の価値を知るために使われます。 逆に、 割引は将来のお金の現在価値を計算する方法です。

複利計算は、特定の期間の終わりに、キャッシュフローの将来価値を一定の割合で知るのに役立ちます。 これとは反対に、割引は、将来のキャッシュフローの現在価値を特定の利率で決定するために使用されます。 ここでは、この記事で、複利と割引の違いについて説明しました。

比較表

比較基準配合割引
意味現在の投資の将来価値を決定するために使用される方法は、配合として知られています。将来のキャッシュフローの現在価値を決定するために使用される方法は、割引として知られています。
概念今日いくらかのお金を投資するならば、将来の日に得る量はいくらになるでしょう。将来特定の金額を得るために、今日投資する必要がある金額はいくらでしょうか。
の使用複利。割引率
知られている現在価値将来の価値
因子将来価値ファクタまたは配合ファクタ現在価値係数または割引係数
FV = PV(1 + r)^ nPV = FV /(1 + r)^ n

配合の定義

配合の概念を理解するためには、まず最初に、将来価値という用語について知る必要があります。 あなたが今日投資しているお金は一定期間後に成長しそしてそれに関心を集めるでしょう、そしてそれは将来その価値を自動的に変えるでしょう。 そのため、将来の投資価値はその将来価値として知られています。 複利計算とは、元本金額だけでなく、未収利息の両方を、より多くの利子を生み出すために全額を再投資することによって稼ぐプロセスを指します。

複利は現在の投資の将来価値を見出すのに使用される方法です。 将来価値は以下のような複利計算式を適用して計算できます。

n =年数
R =投資収益率

割引の定義

割引は、将来の金額を現在価値に変換するプロセスです。 今、あなたは現在価値が何であるか疑問に思うかもしれません? 与えられた将来価値の現在価値は現在価値として知られています。 割引技法は、割引率を適用することによって将来のキャッシュフローの現在価値を確認するのに役立ちます。 次の式は、将来の合計の現在価値を知るために使用されます。

1, 2, 3、…..nは未来の年を表します
FV =異なる年に発生したキャッシュフロー
R =割引率

単一キャッシュフローと年金の現在価値を計算するには、次の式を使用する必要があります。

ここで、R =割引率
n =年数

割引率を使用して、将来の金額に単純に係数を掛けることによって将来の金額の現在価値を算出することもできます。 そのためには、現在価値表を参照する必要があります。

複利計算と割引の主な違い

複利と割引の主な違いは次のとおりです。

  1. 現在の金額の将来価値を知るために使用される方法は、配合として知られています。 将来受け取る金額の現在価値を決定するプロセスは、割引として知られています。
  2. 割引では割引率が使用されるのに対し、複利は複利を使用します。
  3. 現在の金額の複利は、今日ある額を投資したら明日になることを意味します。 将来の額の割引とは、明日指定額を得るために今日投資する必要があるものを意味します。
  4. 将来価値係数表は、複利計算の場合の将来価値を計算するために参照されます。 逆に、割引では、現在価値は現在価値ファクタテーブルを使用して計算できます。
  5. 複利計算では、現在価値金額はすでに指定されています。 一方、割引の場合は将来価値が与えられます。

結論

複利と割引は、単に反対です。 複利計算は現在価値を将来価値に変換し、割引は将来価値を現在価値に変換します。 したがって、複利を取り消すと割引になると言えます。 この2つを簡単に計算するために、複利係数表と割引率表が考慮されます。 テーブルには、さまざまなレートや期間に関する要因があります。 現在価値または将来価値に到達するために、係数に金額が直接乗算されます。

Top