推奨されます, 2021

エディターズチョイス

Windowsイベントビューアのエラー10016を修正

ハイテクオタクなので、私のWindowsマシンが完璧に動作していないのは嫌いです。 私は自分のコンピュータが完璧に動くようにすることができないなら、それでは私はどんな種類の技術者ですか? 明らかに、すべてが完璧に機能するようにすることは、おそらく私のシステムでは大きな問題を起こさないような問題の修正に多くの時間を費やすことを意味します。

しかし、それはまだ楽しいですし、あなたはたくさん学ぶことができます。 この記事では、 DistributedCOMに関連したイベントビューアに表示されるエラーの修正について説明します。 10016のイベントIDを持つ毎日以外に、 システムログに他のエラーがないことに気付きました。 基本的なエラーメッセージは同じです。

 アプリケーション固有のアクセス許可設定は、COMサーバーアプリケーションのローカルアクティベーションアクセス許可を与えません。 

また、CLSID、APPID、SID、およびコンポーネントサービスを使用してアクセス許可を変更する方法についても説明しました。

いくつかの密なフォーラム投稿を読んだ後、私はそれがもはやイベントビューアに現れないようにこのエラーを修正することができました。 それはかなりのプロセスです、それであなたが始める前にあなたが時間に余裕を持っているか1、2時間あることを確認してください。

ステップ1 - プロセスを確認する

最初にしなければならないことは、どのプロセスまたはサービスがエラーにリストされているCLASS IDに関連付けられているかを把握することです。 これを行うには、先に進み、イベントの説明に記載されているCLSIDをコピーします。 私の場合、 {D63B10C5から始まりました 。 必ず中括弧もコピーしてください。

今、あなたはスタートをクリックしてregeditをタイプすることによってレジストリエディタを開く必要があります 。 レジストリエディタを開いたら、[ 編集 ]、[ 検索 ]の順にクリックします 。 先に進んでCLSIDを検索ボックスに貼り付けて、Enterキーを押してください。

しばらくすると、 HK_CLASSES_ROOT \ CLSIDキーの下に結果が表示されます。 右側には2つのキーがあり、 デフォルトのキーにはサービスの名前が表示されます。 私の場合、そしておそらくあなたの場合も、それはRuntimeBrokerであるべきです

AppIDは、エラーメッセージに記載されているものと一致する必要があります。 次に、このサービスに対するコンポーネントサービスのアクセス許可を変更できるように、スクリプトを実行する必要があります。

ステップ2 - PowerShellスクリプトを実行する

この問題を解決するには、Runtime Servicesのコンポーネントサービスでいくつかの権限を編集する必要がありますが、その前に、それらの変更を可能にするスクリプトを実行する必要があります。

PowerShellを管理者として実行するには、[ スタート ]ボタンをクリックし、PowerShellを入力して結果を右クリックし、[ 管理者として実行 ]を選択する必要があります。

次に進み、ここにリンクされているテキストファイルをダウンロードし、すべてのコードをコピーしてPowerShellウィンドウに貼り付けます(PowerShellウィンドウを右クリックすると、クリップボードにあるものはすべて貼り付けられます)。 次にEnterキーを押すだけで、 Doneという単語プリントアウトされます。

ステップ3 - Open Component Services

ステップ2でPowerShellを開いたときと同じようにコンポーネントサービスを開くことができます。[スタート]をクリックしてコンポーネントサービスを入力します。 このプログラムを管理者として実行する必要はありません。 そこに来たら、次の場所に移動します。

 コンポーネントサービス - コンピュータ - マイコンピュータ - DCOM Config 

Runtime Brokerが見つかるまで下にスクロールします。 私の場合は、それらが2つありました。 どのエラーが一覧に表示されているのか、どのようにしてわかりますか。

それぞれを右クリックして[ プロパティ ]を選択します 。 [ 全般 ]タブにアプリケーションIDが表示されます。これは、エラーメッセージのAppIDと一致しているはずです。 イベントビューアでID 10016と複数のCLSIDでエラーが発生している場合は、両方のRuntimeBrokerを修正する必要がある可能性があります。 私の場合は、修正するだけです。

ステップ4 - 正しい権限

最後に、権限を変更する必要があります。 RuntimeBrokerのプロパティウィンドウで、[ セキュリティ ]タブをクリックします。

起動およびアクティベーション許可の下の編集ボタンはクリック可能であるべきです。 グレー表示されている場合、PowerShellスクリプトは正しく実行されていません。 編集をクリックすると、認識されていない許可について警告するポップアップダイアログが表示される場合があります。

ここでは、 削除をクリックしないでください。 キャンセルボタンをクリックしてください。 これで、デフォルトのアカウントの一覧が表示されます。また、 不明アカウントも一覧表示されます。

あなたは、 アカウントを未知のままにしておくことを確認したいです。 取り外さないでください。 この時点で、あなたはすべてのアプリケーションパッケージ自己を残されるべきです。 今度は2つのアカウントを追加する必要があります。 [ 追加 ]をクリックして[ システム ]と入力し、[ 名前の確認 ]をクリックします。 [ OK]をクリックすると、そのアカウントがリストに追加されます。

もう一度[ 追加]をクリックし、今度はローカルサービスと入力して、同じ手順に従います。

両方が追加されたら、それらを一度に1つずつクリックし、[ 許可]の下にある[ ローカル起動 ]および[ ローカルアクティベーション ]チェックボックスを選択します。 それはそれについてです! それでは先に進んでコンピュータを再起動すると、そのエラーがイベントビューログに表示されなくなります。 楽しい!

Top