推奨されます, 2021

エディターズチョイス

質量と密度の違い

見回すと、さまざまなサイズ、形、そして質感を持つオブジェクトの配列が見つかります。 これらの物体は物質で構成されており、それは3つの形態、すなわち固体、液体、気体で存在しています。 3つの状態すべてに、質量と体積という2つの共通点があります。 質量は物質の量であり、体積は物体が占める空間の大きさです。 この2つの問題の比率は密度と呼ばれます。

質量の測定単位はキログラムで、密度はキログラム/立方メートルで測定されます。 あなたに提示された記事は、質量と密度の違いを詳細に説明しているので、見てください。

比較表

比較基準質量密度
意味質量は、物体に含まれる物質の量を意味します。オブジェクトの密度は、オブジェクト内の物質の集中を暗示します。
それは何ですか?それは慣性の尺度です。コンパクトさの度合いです。
物件外因性組み込み型
代表する体に存在する物質。単位体積あたりに存在する質量。
SI単位キログラム1キロメートル当たりのキログラム

質量の定義

「質量」という用語は、何かの中に存在する物質の量、すなわち対象にどれだけの物質があるかの尺度として理解することができます。 物質に含まれる物質が多いほど、その質量は大きくなります。 単位はキログラムまたはその派生単位です。

質量は慣性に基づくスカラー量です。 慣性とは、力が加えられたときにその運動状態を変化させる、物体の抵抗です。 したがって、質量が大きいオブジェクトほど、加速に抵抗する傾向が高くなります。 オブジェクトの質量は、重力がない場合のオブジェクトの重さを決定します。つまり、質量は所定の瞬間に場所の変化に伴って変化しないため、オブジェクトの重さは一定のままです。

密度の定義

簡単に言えば、密度は、与えられた体積に対して物質内に存在する質量の量として表されます。 それは物質の基本的な特徴であり、それは質量と体積(占有された空間)との関係を説明しています。 それは、オブジェクトの分子が与えられた量の空間にどれほど密に詰め込まれるかを決定します。

オブジェクトの密度は、その形状やサイズに関係なく同じままです。 しかし、それは温度と圧力がオブジェクトに適用されれば変更することができますが、密度の変化は物質の変化ももたらします。

密度が低いオブジェクトは浮遊する傾向があるのに対し、密度が低いオブジェクトは浮遊する傾向があるため、ほとんどのオブジェクトが沈下または浮遊する理由は密度です。

質量と密度の主な違い

質量と密度の違いに関する限り、以下の点が重要です。

  1. 質量という用語は、物体に含まれる物質の量を意味するために使用されます。 密度は、実質的に原子の近さ、すなわち原子がどれほど密に詰まっているかを示唆している。
  2. 質量は慣性量の尺度です。 逆に、密度はコンパクトさの度合いです。
  3. 物体の質量は、物質内に存在する物質に依存する外部的な性質です。 それどころか、物体の密度は、試料中に存在する物質の量に基づかない物体の固有の性質を意味する。
  4. 質量は、物体内に存在する物質の量を表します。 これとは対照的に、密度は単位体積当たりに存在する質量を示す。
  5. 質量の測定単位はキログラムですが、国際標準規格による標準の密度単位はキログラム/立方メートルです。

結論

科学では、質量と密度が2つの基本概念であり、それらは一緒に研究されていますが、互いに非常に異なっています。 質量と密度の両方がスカラー量であり、質量はありますが方向はありません。 オブジェクトの質量は、重力に関係なく、オブジェクトがどれだけ重いのかを表しますが、密度は、オブジェクトの質量が単位体積あたりどれほどコンパクトであるかを表します。

Top