推奨されます, 2022

エディターズチョイス

法と倫理の違い

簡単に言えば、 法律は、地域、国内、国際など、政府などの適切な機関によって作成された、普遍的に受け入れられている規則および規則の体系的なセットとして理解されることがあります。罰金を課すことによって、メンバーと強制することができます。

法律という用語は倫理という用語と並置されていますが、 倫理は人や社会を導く原則であり、与えられた状況で何が良いか悪いか、正しいか間違っているかを決定するために作られたものです。 それは人の行動や行動を規制し、道徳的な規則や指針を適用することによって、個人が良い生活を送るのを助けます。

素人にとって、これら2つの用語は同じですが、実際のところ、法律と倫理には違いがあります。 あいまいさを克服するために、記事を注意深く読んでください。

比較表

比較基準法律倫理
意味法律とは、社会全体とその個々の構成員の行動を統制する体系的な規則の集まりです。倫理は、基本的な人間の行動について人々を導く道徳哲学の一分野です。
それは何ですか?規則と規制のセット一連のガイドライン
によって支配される政府個人、法律および職業上の規範
書面で表現および公表された。それらは抽象的です。
違反法律違反は許されず、投獄または罰金、あるいはその両方のような処罰を受ける可能性があります。倫理違反の罰はありません。
目的法律は、社会の秩序と平和を維持し、すべての市民を保護することを目的として作成されています。倫理は人々が正しいこと、悪いこと、行動する方法を決定するのを助けるために作られています。
製本法律には法的拘束力があります。倫理は拘束力がありません。

法の定義

法律は、社会全体を統治するために政府によって作成された一連の規則および規制として記述されています。 法律は広く受け入れられ、認識され、そして執行されています。 それは、社会秩序、平和、社会における正義を維持し、一般大衆を保護し、彼らの利益を保護することを目的として作成されています。 それは倫理的原則と道徳的価値観を考慮した後に作られます。

法律は国の司法制度によって作られています。 国内のすべての人が法律に従う義務があります。 それは人がしなければならないかしてはいけないことを明確に定義しています。 したがって、法の違反の場合には罰や罰、あるいは時にはその両方につながる可能性があります。

倫理の定義

倫理学とは、私たちは、善と悪が何であるかについて人々を導く道徳哲学の一分野を意味します。 それは理想的な人間性の基本的な概念と原則の集まりです。 その原則は、私たちが正しいことと間違っていることに関して決定を下すのに役立ちます。 それは私たちに特定の状況で行動する方法と私たち自身のためにより良い選択をするために判断を下す方法について知らせます。

倫理は、人々によって合意され採用された行動規範です。 それは、人がどのように生き、他の人と交流するべきかの基準を設定します。

倫理の種類

法と倫理の主な違い

法律と倫理の主な違いは以下の通りです。

  1. 法律は、社会全体とその個々の構成員の行動を管理する規則の体系的な集まりとして定義されます。 倫理とは、標準的な人間行動の科学を意味します。
  2. 法律は一連の規則と規制で構成されていますが、倫理は特定の状況での生活方法や行動方法について人々に知らせるガイドラインと原則で構成されています。
  3. 法律は政府によって作成されたもので、地域、地域、国内または国際的なものです。 一方、倫理は個人、法律、職業上の規範、すなわち職場倫理、環境倫理などによって管理されています。
  4. 法律は憲法で書面で表現されています。 倫理とは対照的に、それは書面の形で見つけることはできません。
  5. 法の違反は、倫理の違反の場合ではないが、処罰または罰、あるいはその両方をもたらす可能性があります。
  6. 法律の目的は、国内の社会秩序と平和を維持し、すべての市民を保護することです。 違って、倫理は行動規範であり、人が正しいこと、悪いこと、行動する方法を決定するのを助けます。
  7. 法律は法的拘束力を生み出しますが、倫理は人々に対してそのような拘束力を持ちません。

結論

法律と倫理は、人がしなければならないことと人がしなければならないことという点で異なっています。 前者は普遍的に受け入れられており、後者は理想的な人間の行動であり、大部分の人々によって合意されています。 とはいえ、法律と倫理の両者は互いに矛盾しないように一直線に並んで作られています。 どちらも特定の方法で行動する方法を提供するため、両者は並んで行きます。 すべての人は法と倫理の観点から見て平等です。すなわち、誰も優れていないと劣っています。 さらに、これら二つは人が自由に考え、選ぶことを可能にします。

Top