推奨されます, 2022

エディターズチョイス

合弁事業とパートナーシップの違い

合弁事業は、事実上一時的な形態の事業組織です。 それは特定の目的のために、または特定のタスクまたは活動を達成するために確立され、この目的が完了すると合弁事業は終了します。 合弁事業は、2人以上の人が集まって事業利益を共有するときに成立する一種の事業体でもあるパートナーシップとまったく同じではありません。 パートナーシップ事業は、すべてのパートナー、またはすべてのパートナーに代わって行動する1人のパートナーによって引き継がれます。

提携と合弁事業の主な違いは、提携は特定の事業に限定されないのに対し、合弁事業は特定の事業に限定されることです。 同様に、あなたが与えられた記事で学ぶことができるという2つの用語の間に他の際立った点があります。

比較表

比較基準ジョイントベンチャーパートナーシップ
意味合弁事業は、限られた期間と特定の目的のために2人以上の人によって形成された事業です。2人以上の人が事業を継続して利益と損失を共有することに同意する事業契約は、パートナーシップとして知られています。
準拠法そのような特定の行為はありません。パートナーシップは1932年のインドのパートナーシップ法によって管理されています。
によって運ばれる事業共同ベンチャーパートナー
未成年の地位未成年者は共同事業者になることはできません。未成年者は、企業の利益のパートナーになることができます。
会計の基礎清算継続的な懸念
商標名いいえはい
利益の確認場合によっては、事業の終了時または暫定的に。毎年
別冊の本のメンテナンス必要はありません必須

合弁事業の定義

合弁事業は、特定のタスク、プロジェクト、または活動を完了するために2人以上の団体が集まる企業組織として定義されます。 ベンチャーは、一時的なパートナーシップの名前でも知られている限られた期間のために形成されます。 ここでは、ベンチャーの当事者は、資本、在庫、機械、人力などのような彼らの資源を結合し、会社を使用せずに特定の比率で損益を共有することによって、ベンチャーを共同で運営することに同意する共同ベンチャーとみなされます。名。

合弁事業の損益の決定は、以下のようにして行うことができます。

  • ベンチャーが短期間で結成された場合:ベンチャーの終わりに
  • ベンチャーが長期間形成されている場合:暫定的に

合弁事業のいくつかの一般的な例は次のとおりです。

  • ソニーエリクソンは、ソニーが日本のエレクトロニクス企業であり、エリクソンがスウェーデンの電気通信会社である携帯電話を製造するための合弁会社です。
  • Microsoft CorporationとGeneral Electric Healthcareの合弁会社、 Caradigm
  • Hero Cycles IndiaとHonda Motor Company Japanの合弁会社で、二輪車を製造しています。

パートナーシップの定義

事業を継続し、損益を相互に分担することに同意した2人以上の個人間の合意は、パートナーシップとして知られています。 メンバーは個々にパートナーと呼ばれ、まとめて会社と呼ばれます。 以下はパートナーシップの特徴です。

  • 2人以上の個人の関連。
  • 事業を継続するためのパートナー間の合意。
  • すべてのパートナーを代表して、すべてまたは任意の1つのパートナーによって引き継がれる事業。
  • パートナーは利益と損失を合意された比率で共有する必要があります。
  • パートナーの責任は無制限です。

パートナーシップ会社には最低2人のメンバーが存在できます。パートナーの最大数は銀行業務の場合は10人、その他の業務の場合は20人です。 パートナーは、会社の名義で行われた行為に対して責任を負います。

合弁事業とパートナーシップの主な違い

合弁事業とパートナーシップの主な違いは次のとおりです。

  1. 合弁事業は、特定のプロジェクトを達成するために形成されているビジネスアレンジメントの一種です。 事業を営み、その利益を共有するための2人以上の個人間の合意は、パートナーシップとして知られています。
  2. 合弁事業の場合にはそのような法律は存在しないのに対し、インドのパートナーシップ法は1932年にパートナーシップを管理しています。
  3. 合弁事業に関与する当事者は共同事業者として知られており、パートナーシップのメンバーはパートナーと呼ばれています。
  4. 未成年者は合弁事業の当事者になることはできません。 逆に、未成年者はパートナーシップ会社の恩恵を受けるパートナーになることができます。
  5. パートナーシップでは、特定の商号がありますが、これは合弁事業の場合ではありません。
  6. 合同事業は短期間で結成されます、そしてそれが継続懸念の概念がそれにあてはまらない理由です。 一方、パートナーシップは継続的懸念の概念に基づいています。
  7. 合弁会社では、会計帳簿を維持するための特別な要件はありませんが、パートナーシップでは、会計帳簿の維持は必須です。

結論

合弁事業とパートナーシップは非常に有名なビジネス形態です。 多くの大企業が特定の目的のために集まって合弁事業を結成し、その目的が達成されるとその事業も存在しなくなります。 パートナーシップは、特定の目的を達成するという意図を持って形成されていないため、長持ちしますが、パートナーシップの唯一の目的は、事業を引き受け、相互に利益と損失を共有することです。

私達が利益について話すとき、利益は合同事業のために、事業の終わりに計算されますが、パートナーシップの利益は毎年決定されます。

Top