推奨されます, 2019

エディターズチョイス

意図と動機の違い

意図は人を犯罪に対して責任を負わせるための基本的な要素であり、それは一般的に動機と対照的です。 2つの用語を同じ意味で使用することがよくありますが、これらは法律の観点から異なります。 意図は何かをする目的を意味しますが、 動機は行為を実行する理由を決定します。

意図と動機の主な違いは、意図は、被告人の精神状態、すなわち犯罪のコミッション時に彼の心の中で何が起こっているのかを具体的に示しているのに対してまたは何かをするのを控える。 以下の記事を見て、両者の違いを理解しましょう。

比較表

比較基準意図動機
意味意図とは、法律で禁じられている、意図的な行動と行為を実行するという意識的な決定を意味します。動機は、人が特定の行為をすることをやめることをやめるように促す、後部の原因をほのめかします。
それは何ですか?目的原動力
目的表現された暗黙の
刑事責任刑事責任を判断することは重要です。刑事責任を判断することは実体的ではありません。

意図の定義

刑法では、意図は、法律で禁じられている、または違法な結果を招く可能性のある、意図的な目的として定義されます。 犯罪の委任をもたらした特定の手段の使用は、容疑者の意図を表しています。

より正確に言えば、意図は個人の意志や計画を表します。 したがって、行為が意図的に行われたとき、それはその行為の結果について完全に知られている事故や過ちではなく、そうする意志や目的を意味します。 それが意図が犯罪性を付ける主な要素である理由です。

その行為が善意または悪意を持って行われているかどうかは関係ありません。 人が故意にそして意識的に何かをして、それが法律によって禁じられているならば、それは刑事責任に相当します。

動機の定義

動機は、人の意図を駆り立てる行為の実行の背後にある根本的な目的として説明することができます。 一言で言えば、それは誘惑、すなわち理由であり、被告人を犯罪行為に従事させるのを推進する。

刑事犯罪の背後にある動機は、個人の罪を確認する上では無関係であると見なされます。なぜならそれは、特定の方法で行動したり行動を控えたりした理由で、非難された理由を明確にするだけです。 しかし、それは警察の捜査や事件の他の段階に必要です。

意図と動機の主な違い

意図と動機の違いが関係している限り、以下の点は重要です。

  1. 刑法では、意図という用語は、法律で認められていない特定の方法で行動するための故意の原因および既知の努力として説明されています。 反対に、動機は暗黙の原因として定義され、それは人に何かをさせるかしないように促します。
  2. 人の意図は、特定の手段の使用および状況によって決定することができ、それが刑事犯罪につながりました。 逆に、動機が人に行動を起こさせる、または特定の方法で行動することを控える理由です。
  3. 意図は犯罪の明確に定義された目的であるが、動機は隠されたまたは暗示された目的である。
  4. 人の意図が刑事責任を添付するための要素である場合、それは合理的な疑いを超えて証明されなければなりません。 それどころか、動機はカルパビリティをつけるための主要な要素ではないので、証明される必要はない。

結論

意図は被告人が意図的に犯罪を犯したのか偶然に犯したのかを決定する一方で、動機が質問に答え、なぜ被告人が犯罪を犯したのか。 簡単に言えば、動機が意図を推進するので、後者は前者から生じる。

あらゆる刑事訴訟において、被告の意図は最も重要です。なぜなら、罪悪感や無罪はそれによってのみ証明できるからです。 その一方で、動機は罪悪感や無実を決定するのに重要な役割を果たしていません。

Top