推奨されます, 2022

エディターズチョイス

保有者と期日内の保有者の違い(HDC)

小切手、手形、約束手形などの譲渡可能な商品について話しているうちに、私たちは当然のことながら保有者と保有者という用語に出会いました。 ホルダーは人を指します。 我々はそれを所有している交渉可能な商品の受取人を意味します。 彼/彼女は、当事者から商品に支払われるべき金額を受領または回収する権利がある人です。

他方で、 保有者は、やがて、すなわちHDCは、商品を譲渡する人の称号の欠陥についての知識なしに、満期前に検討のために商品のボナサイドを取得する人を意味する。

この記事を読んでください。ここでは、所有者と所有者の違いを簡略化しました。

比較表

比較基準保有者期限内の保有者(HDC)
意味保有者とは、責任を負う当事者から支払いを受けるために、その上に権利が与えられている交渉可能な商品を合法的に入手する人です。適時保有者(HDC)は、何らかの対価のために譲渡可能な商品のボナサイドを取得した人であり、その支払は未だ期限内です。
考慮必要はありません必要
訴訟の権利保有者は、先の当事者全員を訴えることはできません。やがて保有者はすべての先の当事者を訴えることができます。
誠実
楽器は誠意を持って入手されるかもしれないし、されないかもしれません。楽器は誠意を持って入手する必要があります。
特権比較的少ないもっと
成熟交渉可能な商品の満期の前後に、人は保有者になることができます。交渉可能な商品の満期が到来する前にのみ、人はやがて保有者になることができます。

ホルダーの定義

譲渡可能証券法、1881年に従い、保有者は、彼自身の名前で権利を与えられ、引渡しまたは保証によって譲渡した当事者から法的に譲渡可能証券の保有、すなわち請求書、メモまたは小切手を得た当事者です。会う責任がある当事者から金額を回収すること。

交渉可能な手段を譲渡する当事者は法的に対応可能であるべきです。 紛失した商品を無記名で支払うべきであると判断した人、および交渉可能な商品を誤って所有している人は含まれません。

期限内の保有者の定義(HDC)

期日内保有者とは、支払期日が到来する前であり、かつその商品を彼に譲渡した当事者の所有権が不完全であるという考えもなく、誠意を持って交渉可能な商品を取得する保有者と定義されます。 したがって、やがてホルダーです。

商品が無記名で支払われる場合、HDCは、金額が期限切れになる前に、その所有者になった人の価値を指します。 他方、商品が注文に対して支払われるとき、HDCはそれが成熟する前に交渉可能な商品の保証人または受取人になった人を意味するかもしれません。 さらに、両方の場合において、両方の場合において、保有者は、それを交渉した人の役職に欠陥があると信じるためのいかなる通知もなしに、商品を取得しなければならない。

保有者と期日内の保有者の主な違い

保有者と保有者の間の重要な違いについては、次の点で説明します。

  1. 責任を負う当事者から支払いを受けるために、有資格の有価証券をその上に権利がある状態で入手した者は、有価証券の保有者と呼ばれます。 支払いが未だ支払われている、何らかの対価のために交渉可能な商品ボナサイドを取得した人は、やがてホルダーと呼ばれます。
  2. 考慮しなくても、保有者は交渉可能な商品を所有することができます。 やがて保有者とは対照的に、検討のために交渉の対象となる商品を所有する。
  3. 保有者はすべての先の当事者を訴えることはできませんが、やがて保有者はすべての先の当事者を支払いについて訴える権利を持ちます。
  4. 保有者は、誠意を持って楽器を入手したかどうかにかかわらず可能です。 一方で、保有者はやがて交渉可能な商品の善意の所有者でなければなりません。
  5. 当然のことながら、所有者に対する反対の所有者は、不正な楽器、架空の請求書などの場合のように、多くの状況でより多くの特権を享受します。
  6. 交渉可能な商品の満期の前後に、人は保有者になることができます。 反対に、交渉可能な商品の満期が到来する前にのみ、人はやがて保有者になることができます。

結論

上記の点を検討した結果、保有者とやがて保有者が2人の異なる人物であることは明らかです。 さらに、人は、やがて保有者になるためには、最初に保有者になる必要があるが、保有者の場合には、最初にHDCになる必要はない。

Top