推奨されます, 2021

エディターズチョイス

細胞質と原形質の違い

核の 有無は、細胞の細胞質と原形質の主な違いです。 細胞質には核がなく、 原核に存在します。 細胞質でさえ、ミトコンドリア、ゴルジ体、小胞体などのオルガネラで構成されていますが、プロトプラスムは細胞質、核、細胞膜で構成されています。

ただし、細胞質と原形質の両方には、塩、タンパク質、水などの同じ化学成分が含まれています。 上記の説明は真核生物に関するものでしたが、明確な核や他の細胞小器官がない原核生物では、細胞質自体がクロマチンを含み、核質として振る舞うことにより遺伝物質を保護します。

細胞は生命の存在に関与していると考えられているため、私たちは皆細胞の重要性を認識しています。 また、すべてのタイプの細胞には、細胞膜、細胞質、遺伝物質の3つの共通点が含まれています。

これらとは別に、細胞に含まれる他の多くの重要な部分があり、そのうちの1つは原形質です。 多くの人は原形質と細胞質を同等と考えていましたが、実際には両方の用語に違いがあります。 したがって、この記事では、細胞質と原形質が区別されるポイントを検討します。

比較表

比較の根拠細胞質原形質
意味核と細胞膜の間に存在する半固体材料。 主に水で構成され、セルの体積の半分を占めます。プロトプラスムは細胞の生きた物質と呼ばれ、細胞膜、核、細胞質を取り囲んでいます。 したがって、原形質は細胞質と核を構成していると言えます。
構造的な違い細胞質には、ゴルジ体、小胞体、ミトコンドリア、リボソーム、リソソームなどのオルガネラが含まれていますが、核は含まれていません。プロトプラスムには、細胞質と核が含まれます。 したがって、原形質=核+細胞質と言うことができます。
を含む細胞質はプロトプラスムの構成要素の1つであり、ゼリー状の液体であり、水、代謝性廃棄物、タンパク質、食物保存物を含んでいます。プロトプラスムは半透明で、タンパク質、脂質、炭水化物、核酸、無機塩で構成された濃厚な粘性流体です。 さまざまな生物学的および化学的活動の場所です。

細胞質の定義

この言葉は、プロトプラスムの同義語として1863年に「 ルドルフ・フォン・コリカー 」によって造られました。 「 Cyto 」という用語は細胞を意味し、「 Plasm 」は液体を意味するため、細胞質は透明な物質であり、細胞膜と真核細胞の核の間の割合です。 それは半流動性の半透明の材料であり、すべての細胞小器官、代謝廃棄物、タンパク質、食糧備蓄を構成します。

「細胞の発電所」と呼ばれるミトコンドリアはエネルギーを生成することで知られているミトコンドリア、ゴルジ体はタンパク質の選別で知られている、小胞体は物質の輸送で知られている、細胞骨格は細胞に構造と剛性を提供し、など。 したがって、これらの細胞小器官は細胞質に支えられており、スムーズかつ完璧に機能します。

細胞質も核を取り囲んでいます。 それは、細胞質または細胞質マトリックスを含み、それは水性物質であり、外側のエクトプラズムと内側の小胞体に区別されます。

プロトプラスムの定義

原形質という言葉はギリシャ語で、「 最初に形成されたもの 」を意味します。 それはゼリーのような物質であり、多くの化学的、生物学的活動が行われます。 したがって、原形質は「生命の物理的基盤」であり、生細胞の一部と言われています。 約90%の水、塩、タンパク質、脂質、炭水化物が含まれています。 選択的透過性、弾性、粒状、コロイド、無色の物質です。

プロトプラスムは細胞の生きた物質と言われています。 現代の生物学では、原形質は一般に使用されていませんが、完全な証拠の起源がないため、最近では細胞質、細胞小器官、核のみが研究されています。

細胞質と原形質の主な違い

細胞質と原形質を区別する以下の重要なポイント:

  1. 細胞質は、核を取り囲む半固体材料です。 ミトコンドリア、ゴルジ体、小胞体、リボソームなどのオルガネラが含まれています。主に水でできており、細胞の体積の半分を占めています。 一方、 プロトプラスムは細胞の生きた物質と呼ばれ、ゼリー状の物質であり、細胞膜、核、および細胞質を取り囲んでいます。
  2. 細胞質には、ゴルジ体、ミトコンドリア、小胞体、リソソーム、リボソームなどのオルガネラが含まれますが、核は含まれませんが、プロトプラスムは細胞質と核を構成します。 したがって、 原形質 = + 細胞質と言える。

結論

したがって、細胞質はプロトプラスムとは異なるものではなく、その一部であると結論付けることができます。 実際、核と細胞質が原形質を作ります。 また、すべての要素がわずかに異なるだけで含まれていることもわかりました。

Top