推奨されます, 2022

エディターズチョイス

小切手と要求ドラフトの違い

小切手は単に、商品であり、引き出しの口座から指定された金額を商品の所有者に支払うように銀行に命令するものです。 一方、 デマンドドラフトは、 オンデマンドで支払われる金融商品です。

翌分ごとに何百万もの取引が行われるため、銀行は私たちの生活に欠かせないものとなっています。 、請求書の支払い、チケットの予約、製品またはサービスの購入、販売など。これらの活動は、ATM、ネットバンキング、小切手および要求ドラフトなどによって実行することができる。

しかし、2つの用語のチェックアンドデマンドドラフトとはどういう意味ですか? それらの違いは何ですか? チェックドラフトとデマンドドラフトの違いを理解しましょう。

内容:需要ドラフトをチェックする

  1. 比較表
  2. 定義
  3. 主な違い
  4. タイプ
  5. 結論

比較表

比較基準チェック需要ドラフト
意味小切手は、指定された人に一定の金額を支払うように引き出しによって署名された、銀行への注文を含む交渉可能な商品です。Demand Draftは、ある場所から別の場所への送金に使用される交渉可能な手段です。
支払い注文するか、無記名で支払う。常に特定の人の注文に対して支払う。
発行小切手は個人が発行します。Demand Draftは銀行によって発行されます。
銀行手数料いいえはい
引き出し銀行の顧客銀行自体。
関係者三党 - 引き出し、Drawee、Payee。二党 - 引き出し、受取人。
不名誉はい、残高不足または他の同様の理由による。いいえ

チェックの定義

小切手は受取人に一定量の支払いをする命令を含む交渉可能な商品であり、引き出しによって署名されています。 それはただの手渡しを通して簡単に移すことができます。 cheque-drawer (小切手の製造元 )、 Drawee (小切手の描かれた銀行)、および受取人 (小切手の金額の支払い先)の3つの当事者がいます。

需要ドラフトの定義

デマンドドラフトは、特定の銀行によって発行され、他の銀行またはその支店の1つに受取人に特定の金額を支払うように指示する交渉可能な商品です。 ドラフトの場合、2つの関係者が関係しています。1つは引き出し (銀行または任意の金融機関)であり、もう1つは受取人 (金額の振替先)です。 それはある場所から別の場所にお金を転送するために使用され、それは単なる手渡しで転送することはできません。

小切手と要求ドラフトの主な違い

  1. 小切手は注文または無記名で支払われますが、Demand Draftは常に特定の人物の注文に対して支払われます。
  2. 小切手は残高不足のために不名誉になることがありますが、デマンドドラフトの場合、金額の前払いのために不名誉はできません。
  3. 銀行自体がDemand Draftを発行している間に、小切手が銀行の顧客によって発行されます。
  4. 小切手帳機能は銀行の口座名義人のみが利用可能ですが、Demand Draft機能は口座名義人と非口座名義人の両方にご利用いただけます。
  5. 小切手の目的は、安全で簡単な方法で支払いを行うことであり、一方、ドラフトの目的は、ある場所から別の場所にお金を振り込むことです。

チェックの種類

  • ベアラチェック
    小切手を銀行に提示する人に支払いが行われる小切手
  • 注文確認
    小切手で名前が指定されている人にのみ支払いが行われる小切手。
  • クロスチェック
    交差小切手とは、小切手の所有者により良いタイトルを与えるために、小切手の表面に2本の横方向の平行線を引くことを意味します。 そのような種類の小切手は、受取人の口座にのみ転送できます。
  • クロスチェック
    交差していない小切手は、 提示時に支払われる小切手の一種です。
  • 古いチェック
    指定された3か月後に表示される小切手の種類は、古くなった小切手です。

ドラフトの種類

  • サイトデマンドドラフト
    特定のドキュメントが表示さてから提示された後にのみ支払いが行われる、ドラフトのタイプ。
  • タイムデマンドドラフト
    指定された期間が経過した後にのみ支払いが行われるデマンドドラフトの種類。

結論

私たちが上記の議論から見たように、これらの交渉可能な手段の両方はそれ自身の点で重要です。 毎日何百万もの取引を処理するには、小切手の利点を利用することができます。これは使いやすく、金額をある場所から別の場所に移動する必要がある場合に便利です。 デマンドドラフトは最適な選択肢です。

Top