推奨されます, 2022

エディターズチョイス

iOS 11で電源ボタンを使わずにiPhoneの電源を切る方法

iOS 11には、以前のバージョンのオペレーティングシステムにはなかったクールな機能を追加するいくつかの新機能が付属しています。 その1つは、電源ボタンを使わずにiPhoneをシャットダウンすることです。 それはあなたが毎日することがありそうなものではありませんが、特に何らかの理由で電源ボタンを使い過ぎることを心配しているならば、それはそのオプションを持つことはまだ良いです。 そういうわけで、それに正解して、電源ボタンを使わずにあなたのiPhoneの電源を切る方法を見てみましょう:

iOS 11で電源ボタンを使用せずにiPhoneの電源を切る

注:私たちはこれをすべてiPhone 6s、iPhone 7 Plus、そしてiPhone 8 Plusで試しました。これらはすべてiOS 11を実行していました。

  • まず最初に、ホームスクリーンの'設定'アイコンタップして '一般'選択してください。

  • それでは、 'Shut Down'オプションが表示されている一番下までスクロールしてください。 それをタップして、左から右へ赤い「電源オフ」ボタンスライドさせてください。

  • それでおしまい! スリープ/スリープ解除ボタンを押さなくても、iPhoneはシャットダウンされます。

iOSの電源ボタンを使わずにiPhoneをロックする

スマートフォンを毎日シャットダウンする必要はありませんが、スリープ状態にしたり、画面をロックしたりすることは、毎日何十回も繰​​り返されるプロセスです。追加の作業負荷は、電源ボタンに触れることなくこれを実行する方法です。

  • 前のセグメントで設定したように[設定]> [一般]に進み、 [アクセシビリティ]> [アシスタントタッチ]を選択します。

  • デフォルトでオフ(グレー)になっているトグルがあります。 ただそれをオンにすると(緑色)、下の2番目の図に示すように、 フローティングアシスタントタッチ(ホーム)ボタンが表示されます。 あなたはあなたの好みに応じてあなたの画面上の任意の側にそれをドラッグすることができます

  • 今すぐフローティングアシスタントタッチ(ホーム)ボタンをタップすると、あなたはあなたのiPhoneを制御するために利用可能なオプションの全体の束が下の左のスクリーンショットに見られるように見つけるでしょう。 あなたのiPhoneをロックするためにちょうどDevice> Lock Screenタップします。

iOS 11の電源ボタンを使用せずにiPhoneの電源を切る、またはスリープ状態にする

あなたが毎年自分の携帯電話を変えようとしている人の一人でないのであれば、電源ボタンを押さずにスマートフォンをシャットダウンしたりスリープ状態にしたりできることは確かにハードウェアの完全性を保つための素晴らしい方法ですとか、ぐらい。 個人的には、ハードウェアキーを使用せずに電話機をスリープ状態にすることが、おそらく演習の中で最も重要な部分になるでしょう。 それでは先に進み、これら2つの小さなiOS 11機能を試してみてください。それらが役に立つかどうかをお知らせください。

Top