推奨されます, 2021

エディターズチョイス

Googleダイヤラの新しいフローティングバブル機能を有効にする方法

Googleは最近、PixelおよびNexusシリーズのDialer(電話読み取り)アプリのv11アップデートを公開しました。 アプリファイルをさらに調査すると、アプリにはFloating Bubbleのトグル機能があることがわかりました。 このオプションは元々ユーザーが利用することはできませんが、rootアクセスを使って切り替えることができます。 それだけでなく、最新のGoogle DialerがインストールされているAndroidデバイスでも使用できます。 しかしそれに到達する前に、最初に浮遊泡が正確に何であるかについて議論しましょう。

Google Dialer Floating Bubbleとは何ですか?

Google DialerのFloating Bubbleは、実際に通話画面に表示されることなく、ユーザーが通話中の操作を行えるようにすることを目的とした新機能です。 基本的に、通話画面を終了すると、Facebook Messengerで見たようなチャットヘッドが画面に表示され、グーグルのネイビーブルーの電話アイコンが表示されます 。 ユーザーはこのアイコンをホームスクリーンの枠の周りに移動できます。タップすると、 スピーカーモードの有効化、通話のミュート、および通話の終了を可能にする3つのアクションが表示されます

この機能は歓迎すべき変更であり、非常に役に立つことが証明されています。 自分のメッセージを確認したり、通話中に何かをしなければならないときに便利です。 以前は、これらの機能を実行できるようにするには、通話中画面に入る必要がありました。 ありがたいことに、新しいFloating Bubble Featureを使って、私が今いるスクリーンからそれらを実行できるようになりました。

だから、あなたはこの新機能が何であるかを知っているので、私はあなたのAndroidデバイスでこの機能を得る方法をあなたに示すことを許してください。

rootでGoogle Dialerの新しいフローティングバブル機能を有効にする

次の方法は、Android Marshmallow 6.0以降を実行しているデバイスでのみ機能します。 私は、両方ともAndroid 7.1.2を実行している私のRooted Moto G3とMoto X Playで試してみましたが、その機能は期待通りに機能しました。

  • まず最初に、あなたのデバイスに最初にGoogle Dialerインストールする必要があります。 ここからAPKファイルをダウンロードしてインストールすることができます。

  • 次のステップは、このアプリがデフォルトの電話アプリになったことを確認することです。 これを行うには、 設定 - >アプリに進み、右上隅にある歯車のアイコンをタップします 。 アプリを設定するための新しい画面が開きます。 「電話アプリ」オプションをタップして、インストールしたばかりのアプリをタップします。

:下の画像に示すように、選択したいアプリには紺色のアイコンが表示されます。

  • さて、あなたが選んだルートファイルエクスプローラを使って/data/data/com.google.android.dialer/shared_prefsに行き 、それを編集するために“ dialer_phenotype_flags.xml”をタップしてください。

  • XMLファイルを開いたら、 「G_enable_return_to_call_bubble」という名前のブール文字列を検索します。 値は「false」に設定してください。 値を「true」に変更します。 変更を加えたら、ファイルを保存して終了します。

  • それでは、 設定 - >アプリ - >電話に行き、アプリを「強制停止」しましょう。

  • 以上です。 もう一度アプリを開いてシステムのメモリに再ロードするだけです 。 次回電話を受けるときには、フローティングバブル機能を利用できるはずです。

ルートなしでGoogleダイヤラの新しいフローティングバブル機能を有効にする

次の方法は、Android Marshmallow 6.0以降を実行しているデバイスでのみ機能します。 私は私の株Moto G3でこの方法を試してみました、そして私は後で議論するつもりであるいくつかの機能性を失いましたが、それはちょうどうまくいきました。

  • 最初のステップは、あなたがすでにあなたのデバイスにそれをインストールした場合に備えてGoogle Dialerアンインストールすることです。

  • それでは、ここからパッチを当てたGoogle Phone APKをダウンロードしてインストールしてください。

  • インストールしたので、これをデフォルトの電話アプリとして設定します。 これを行うには、 設定 - >アプリに進み、右上隅にある歯車のアイコンをタップします 。 アプリを設定するための新しい画面が開きます。 「電話アプリ」オプションをタップして、インストールしたばかりのアプリをタップします。

  • 以上です。 次回電話を受けると、フローティングバブル機能が利用できるようになります。

これはパッチを当てられたバージョンであるので、それはそれ自身の問題のセットと来ます。 スパム発信者番号通知、近隣地域、その他のGoogle Playサービスは、このバージョンでは機能しません。 また、アプリがクラッシュする傾向があります。

Android搭載端末のGoogle Phoneアプリでフローティングバブル機能を入手する

Google Dialer自体はしっかりした電話アプリですが、Floating Bubble機能を追加するとさらに強力になります。 マルチタスクのアプローチに従って、この新機能はあらゆる画面からの通話中機能の実行に確かに役立ちます。 そうは言っても、この機能はまだアプリファイルでしか利用できず、ユーザーには利用できません。 Googleは自分のアプリファイルに新しい機能を導入し、その後それらを削除する習慣があることを知っています。 この新しいFloating Bubble機能で何が起こるのかはまだわかりません。 この機能が歓迎されているアドオンであり、最終的なビルドに含まれるべきかどうかについては、以下のコメント欄で、私たちに同じことについて考えてください。

Top