推奨されます, 2022

エディターズチョイス

Word 2007/2010文書内の機密データを隠す

Word 2007文書を共有するときは、機密情報を削除または非表示にする必要があります。 データを検索して手動で削除することはできますが、エラーが発生しやすく、時間がかかる可能性があります。 Word 2007で機密データを非表示にする必要がある場合は、 Word 2007墨消しツールと呼ばれるWord 2007用の無料アドインを使用すると、Word 2007文書内のテキストを簡単かつ効率的に非表示にできます。

編集されたテキストは、元の文書の新しいコピーに黒い実線で表示されます。 バーの下のテキストは縦線(|||||)に変換されるため、ドキュメントを共有している関係者がテキストエディタで編集されたドキュメントを表示している場合でも、編集されたコンテンツが取得されなくなります。メモ帳

Word 2007/2010墨消しツールをからダウンロード

//redaction.codeplex.com/releases/view/32251

Word 2007墨消しツールをインストールするには、次のものが必要です。

  • .NET Framework 3.5 Service Pack 1
  • VSTO 3.0ランタイムサービスパック1

ただし、これらを個別にインストールする必要はありません。 これらの項目のいずれかがシステムにインストールされていない場合は、 Word 2007墨消しツールセットアッププログラムによって自動的にダウンロードおよびインストールされます。 これら2つの項目をインストールすると再起動する可能性があります。

アドインをインストールするには、ダウンロードした.exeファイルをダブルクリックします。 .NET Frameworkクライアントプロファイルの使用許諾契約を読み、[同意する]ボタンをクリックして続行します。

Visual Studio Tools for Officeの使用許諾契約を読み、[同意する]ボタンをクリックして続行します。

WinZip Self-Extractorが開き、インストールプロセスが自動的に開始されます。

必要なファイルがダウンロードされます。

.NET FrameworkVisual Studio Toolsがインストールされています。

このカスタマイズをインストールするかどうかを確認するメッセージMicrosoft Officeカスタマイズインストーラに表示されます。 インストールをクリックして続行します。

インストールが正常に終了すると、ダイアログボックスが表示されます。 閉じるをクリックしてください。

注:この時点でエラーが発生した場合は、再度ダウンロードしたインストールファイルを実行してください。 アドインを最初にインストールしたときにエラーが発生しました。 インストールを再度実行しても問題ないようでした。

Word 2007 墨消し ツールをインストールすると、 墨消しグループが[ レビュー ]タブに追加されます。

文書内の非公開テキストを墨消し、または塗りつぶすには、まずテキストに墨消しのマークを付ける必要があります。 これを行うには、目的のテキストを強調表示して[ マーク ]ボタンをクリックします。

文書内の複数の場所に同じテキストをマークする場合は、[ マーク ]ボタンの矢印をクリックして、ドロップダウンメニューから[ 検索とマーク ]を選択します。

[ 検索とマーク ]ダイアログボックスが表示されます。 検索するテキストを[ 検索対象]編集ボックスに入力します。 より多くのオプションを見るには、 Moreボタンをクリックしてください。

ダイアログボックスのボタンの下に検索オプションが表示され、 詳細ボタンが縮小ボタンになります。 必要なオプションを選択してください。 追加のオプションを再び非表示にするには、[ Less ]ボタンをクリックします。 入力したテキストを見つけてマークするには、[ マーク]をクリックします。

ダイアログボックスには、指定されたテキストが見つかってマークされた回数が表示されます。 ダイアログボックスを閉じるには、[ キャンセル ]をクリックします。

マークされたテキストは文書内で灰色でハイライト表示されます。

墨消ししたくないマークが付いたテキストがある場合は、そのマーク付きテキストをもう一度選択し、[ マーク 解除 ]ボタンのドロップダウンメニューから[ マーク 解除 ]を選択して、そのテキストが編集されないようにすることができます。

最終チェックのために文書内の編集マーク間を移動するには、[ 次へ]ボタンと[ 前へ]ボタンを使用します。

編集したいテキストがすべてマークされていることを確認したら、[ マーク ]ドロップダウンメニューから[ ドキュメントの編集]を選択してマークされたテキストを黒くします。

マークされたテキストが黒いバーに置き換えられて、文書の新しい編集版が作成されます。 プロセスが完了すると、 ドキュメントインスペクタを実行して、 ドキュメントを配布する前にドキュメント内の隠されたメタデータをチェックして削除するように求めるダイアログボックスが表示されます。 検査を実行するには検査をクリックし、検査をスキップするには閉じるをクリックします

[ ドキュメントインスペクタ ]ダイアログボックスが表示されます。 さまざまな種類のメタデータがダイアログボックスに表示され、各項目の横にチェックボックスが付いています。 メタデータについて検査する項目のチェックボックスをオンにします。 検査を開始するには、[ 検査 ]ボタンをクリックします。 この時点で検査を行わずにダイアログボックスを閉じるには 、[ 閉じる ]をクリックします

検査の結果は、[ 文書検査 ]ダイアログボックスに表示されます。 メタデータが見つかった場合は、見つかったアイテムの左側に感嘆符が表示されます。 ドキュメントからメタデータを削除するには、アイテムの右側にある[ すべて削除 ]ボタンをクリックします。

注意: ドキュメントインスペクタは、ダイアログボックスの下部に、変更を元に戻すことができないことを示します。 [ すべて削除 ]ボタンをクリックする前に、必ずメタデータを削除してください。

[ ドキュメントインスペクタ ]ダイアログボックスに変更内容が表示されます。 閉じるをクリックしてください。

新しい文書では、マークしたすべてのプライベートテキストの上に黒いバーが挿入されます。

新しい文書のテキストから黒いマークを削除することはできません。 必ず元のファイルとは異なる名前でファイルを保存し、元のファイルではなく新しい文書を共有してください。 必要に応じて、元の文書に戻って[ マーク解除 ]ボタンメニューから[ すべてのマーク削除 ]を選択して、マークしたテキストを消去できます。

編集した文書をさらに保護するために、新しい文書として保存するときに変更から保護することを選択できます。 これにより、変更できない文書を配布することができます。

これを行うには、[ 名前を付けて保存] 、[ 名前を付けて保存]の順に選択します。 OfficeメニューからWord文書

[名前を付けて保存 ]ダイアログボックスの[ファイル名]編集ボックスに、編集した文書のコピーの新しい名前を入力します。 下部にある[ ツール ]ボタンをクリックして、ドロップダウンメニューから[ 一般オプション ]を選択します。

[ 一般オプション ]ダイアログボックスで、[ 変更するパスワード ]編集ボックスにパスワードを入力し、必要に応じて[ 読み取り専用を推奨]を選択します。 OKをクリックしてください。

パスワード確認ダイアログボックスが表示されます。 もう一度パスワードを入力して[ OK ]をクリックします。

名前を付けて保存ダイアログボックスに戻ります。 [ 保存 ]ボタンをクリックして、編集した新しい安全な文書を保存します。

Word 2007の墨消しツールを使用して文書を変更から保護することで、機密情報を保護し、配布する必要があるときに文書を保存できます。 墨消しツールは、Word 2010でも機能します。お楽しみください。

Top