推奨されます, 2022

エディターズチョイス

Windowsの「Windows Media PlayerでこのDVDを再生できない…アナログコピー防止」を修正

Windows 7コンピュータを使用していてDVDを再生しようとすると、次のエラーメッセージが表示されることがあります。

 出力ディスプレイでアナログコピー防止機能をオンにすることはできないため、Windows Media PlayerはこのDVDを再生できません。 ビデオカード用の最新のドライバをインストールしてみてください。 

うーん。 あなたはおそらくあなたのコンピュータが真新しいか、あなたがかなり新しいビデオグラフィックスカードを持っているのでそれがクレイジーだと思っているでしょう。 それで問題は正確に何ですか?

さて、あなたはクローンモード(両方のディスプレイ上の同じデスクトップ)の間に異なるか異なる解像度を持つ2つのモニタ(複数のモニタ)を持つWindows 7コンピュータを持っている場合にのみあなたはこのエラーを見るでしょう。

一方のビデオモニターがインターレース1080i解像度をサポートしているのに対し、もう一方はサポートしていない可能性があります。 この場合、Windows Media Playerはデスクトップの解像度を変更できないため、コンテンツ保護が有効になりません。

そもそもこれがWindowsがコンテンツ保護を有効にすることをそもそも妨げているのはなぜですか? わかりません。 残念ながら、そうです! かなりクレイジーハァッ!

Windows Media PlayerがDVDを再生できないのを修正

だからここにあなたがもはやこのエラーメッセージを受け取らないように修正する方法があります:

1.デスクトップを右クリックして[ 画面の解像度 ]を選択します。

2.先に進み、両方のモニタでサポートされている解像度を選びます。 これが機能するためには、ディスプレイの1つの解像度を下げる必要があります。 それではDVDを再生してみてください。

この問題を解決する2つ目の方法は、2台ではなく1台のモニタを使用することです。 これを行うには、もう一度[画面の解像度]に移動し、[ xのみデスクトップを表示]を選択します 。xは各ディスプレイに対応する番号です。

もちろん、これは理想的ではありませんが、DVDを再生している間にそれをする必要があるかもしれません。 その後、2台目のモニターを再起動できます。

最後に、両方のディスプレイを拡張モードで使用してこの問題を解決することもできます。 Windows + Pを押して[ 拡張]を選択するだけです。

これは基本的にデスクトップがクローンからではなく1台のモニタから2台目に拡張されることを意味します。 それでも問題が解決しない場合は、WMPに対するその他の修正がDVDの問題を解決しないという私の他の投稿をチェックしてください。 楽しい!

Top