推奨されます, 2021

エディターズチョイス

マーケティングとブランディングの違い

ブランディングとマーケティングは、収益を増やすという目的で機能する2つの重要なビジネス機能です。 活動は人々の間で製品や会社の意識を高めるために使用されます。 それらは密接に関連し合っているので、人々はマーケティングとブランディングの違いを理解していないことがよくあります。 マーケティングは、製品またはサービスを販売するために実行される一連の活動を伴いますが、それは顧客ニーズの確認から必要な製品を提供することから始まります。

一方、 ブランディングは、消費者の心の中で場所を占めることによって、製品の名前やイメージを作成する活動を含みます。 競合他社よりもあなたの製品を選ぶ人々だけではなく、彼らはあなたの製品を彼らの問題に対する究極の解決策と見なしています。 それは顧客との長期的な関係を築くのに役立ちます。

この記事では、マーケティングとブランディングの間に必要な違いを見つけることができます。

比較表

比較基準マーケティングブランディング
意味商品やサービスの交換を促進するために購入者と販売者をまとめるために会社が実施する一連の活動はマーケティングです。ブランディングとは、商品にブランド名を割り当てることで、消費者が商品を製造している会社を認識し、識別するのに役立ちます。
誰のため?ビジネス用お客様のために
それは何ですか?顧客を育成する顧客ロイヤルティを高める
影響顧客がすぐに購入することにしました。消費者の心に影響を与えることによって購入の決定。
ショーケース利点
戦略押す引く
意図された価値を促進する価値を強化する
ドライブ定期販売永続的な評判
を作成しますニーズ関係
に話す対象とする訪問者感情

マーケティングの定義

マーケティングは、企業と消費者を結びつけ、検討のために商品やサービスを交換する管理プロセスとして定義されています。 それは、利益を得ている人々にとって価値のある製品やサービスの探求、創作、宣伝、販売および配給といった一連の活動を含みます。 それはただ話すことと売ることではありませんが、顧客を獲得して彼らと関係を築くためにされるすべての活動を含みます。

このプロセスでは、満たされていない顧客の要件を特定し、ターゲット市場の規模と利益の側面を判断し、企業のどの部門が顧客に最も適しているかを確認します。もっとたくさん。

マーケティングの基本は、マーケティングミックスと呼ばれる4Pの製品、価格、場所、プロモーションの組み合わせや調整として理解することができます。

ブランディングの定義

ブランドという用語を理解するには、まず第一に、ブランドとは何かを知る必要がありますか。 ブランドとは、製品やサービスを他の売り手と区別して区別するために使用される名前、ロゴ、サイン、マーク、スローガン、またはそれらの組み合わせです。 ブランディングは、広告ツールを使用して、消費者の心の中で場所を占める製品またはサービスのための明確で記憶に残る名前または画像を作成することを含む一連の活動です。

ブランディングは、顧客を引き付け、長期にわたって顧客を維持するために、市場で目覚ましい存在感を確立することを目的として行われるマーケティング手法です。 それは信頼を確立し、価値を強化しそして製品または会社との経験を強化します。

マーケティングとブランディングの主な違い

マーケティングとブランディングの違いは、以下の点から容易に理解できます。

  1. マーケティングは、商品とサービスの交換を促進するために買い手と売り手をまとめるために会社が実行する一連の活動です。 一方、ブランド化とは、ブランド名を製品に割り当てることで、消費者がそれを生産している会社を認識し、識別するのに役立ちます。
  2. マーケティングはビジネス用であり、ブランド化は顧客用です。
  3. マーケティングは顧客を育成するために使用されますが、ブランドは顧客間の信頼とブランドロイヤルティを高めるために使用されます。
  4. マーケティングは、購入に対する顧客の即時対応に影響を与えます。 消費者の心に影響を与えることによって購入の決定に影響を与えるブランディングとは対照的に。
  5. マーケティングは、会社が提供する製品またはサービスの利点を開示します。 逆に、ブランディングは夢を見せる。
  6. 戦略になると、マーケティングはプッシュですが、ブランディングはプルです。
  7. 私たちが価値について話すならば、マーケティングは意図された価値を促進しますが、ブランディングはそれを生み出します。
  8. マーケティングの最終的な結果は売上です。 逆に、ブランド化は永続的な評判をもたらします。
  9. マーケティングは、顧客のニーズを創造することを目的としています。 ブランディングとは異なり、それは顧客との強くて健康的な関係を築くことを目的としています。
  10. マーケティングは、対象読者に向けて話します。 それどころか、ブランディングは感情を表します。

結論

マーケティングは、消費者のニーズとその製品の市場を開拓するために同社が講じた最初のステップです。 ブランディングとは対照的に、それはマーケティングに続き、顧客に価値を創造することを目指します。

Top