推奨されます, 2019

エディターズチョイス

カーネルとオペレーティングシステムの違い

オペレーティングシステムとは、コンピュータ上で動作するシステムプログラムで、コンピュータユーザーがコンピュータ上で簡単に操作できるようにコンピュータユーザーにインタフェースを提供します。 カーネルは、コンピュータ上で実行されているすべてのプログラムを制御するシステムプログラムです。 カーネルは基本的にシステムのソフトウェアとハ​​ードウェアの間の橋渡しです。 カーネルとオペレーティングシステムを区別する基本的な違いは、オペレーティングシステムはシステムのリソースを管理するデータとソフトウェアのパッケージであり、カーネルはオペレーティングシステムの重要なプログラムであるということです。 以下に示す比較表を参考にして、カーネルとオペレーティングシステムの違いをもう少し見つけてみましょう。

比較表

比較基準カーネルオペレーティング・システム
基本カーネルはオペレーティングシステムの重要な部分です。オペレーティングシステムはシステムプログラムです。
インタフェースカーネルは、コンピュータのソフトウェアとハ​​ードウェアの間のインタフェースです。オペレーティングシステムは、ユーザとコンピュータのハードウェアとの間のインタフェースです。
タイプモノリシックカーネルとマイクロカーネル。シングルおよびマルチプログラミングバッチシステム、分散オペレーティングシステム、リアルタイムオペレーティングシステム。
目的カーネルメモリ管理、プロセス管理、タスク管理、ディスク管理。カーネルの責任に加えて、オペレーティングシステムはコンピュータの保護とセキュリティに責任があります。

カーネルの定義

カーネルはオペレーティングシステムの中核です。 それはシステムの動作を開始するためにメインメモリロードされるオペレーティングシステムの最初のプログラムです。 システムがシャットダウンされるまで、カーネルはメインメモリに残ります。 カーネルは基本的に、ユーザーが要求したものをコンピューターに理解させるために、ユーザーが入力したコマンドを変換します。

カーネルは、アプリケーションソフトウェアとシステムのハードウェア間の橋渡しとして機能します。 カーネルはハードウェアと直接通信し、アプリケーションソフトウェアが何を要求したのかを知らせます。 オペレーティングシステムはシステムの動作にとって重要なプログラムであるため、カーネルなしでは実行できません。

カーネルは、 メモリ管理プロセス管理タスク管理 、およびディスク管理を行います。 カーネルはアプリケーションプログラムの適切な実行のためにメモリ空間をチェックアウトします。 それはソフトウェアの実行に役立つメモリを作成および破壊します。

カーネルはモノリシック カーネルマイクロ カーネルに分類されます 。 モノリシックカーネルでは、オペレーティングシステムのすべてのサービスは、カーネルが配置されているのと同じメモリ領域にあるカーネルのメインスレッドに沿って実行されます。 モノリシックカーネルは、システムのハードウェアへの豊富なアクセスを提供します。 マイクロカーネルは、オペレーティングシステムのサービスを実装するためにプリミティブまたはシステムコールを使用するハードウェアを抽象化したものです。

オペレーティングシステムの定義

オペレーティングシステムは、システムリソースを管理するシステムソフトウェアです。 オペレーティングシステムは、ユーザーとシステムハードウェアの間のインタフェースとして機能します。 オペレーティングシステムが提供するインタフェースにより、ユーザーはユーザーが入力したコマンドの結果を表示できます。 オペレーティングシステムなしでシステムを実行することは不可能です。 アプリケーションプログラムは、オペレーティングシステムが提供する環境で動作します。

オペレーティングシステムは、シャットダウンされるまでコンピュータ上で常に動作するシステムプログラムです。 オペレーティングシステムは、コンピュータの起動時にメインメモリにロードされる最初のプログラムです。 オペレーティングシステムがメインメモリにロードされると、アプリケーションプログラムを実行する準備が整います。

オペレーティングシステムはカーネルと呼ばれる重要なプログラムで構成されています。 オペレーティングシステムはカーネルなしでは動作できません。 オペレーティングシステムは、 メモリ管理プロセス管理ストレージ管理、 保護 、およびセキュリティの責任を負うことになっています 。 オペレーティングシステムは、プログラムの実行中に発生した割り込みの処理も担当します。

オペレーティングシステムは、 シングルおよびマルチユーザーオペレーティングシステム、 マルチプロセッサオペレーティングシステム、 分散オペレーティングシステム、 リアルタイムオペレーティングシステムに分類されます。

カーネルとオペレーティングシステムの主な違い

  1. オペレーティングシステムとカーネルの基本的な違いは、オペレーティングシステムはシステムのリソースを管理するシステムプログラムであり、カーネルはオペレーティングシステムの重要な部分(プログラム)であるということです。
  2. カーネルは、システムのソフトウェアとハ​​ードウェアの間のインタフェースとして機能します。 一方、Opertaingシステムは、ユーザーとコンピューターの間のインターフェースとして機能します。
  3. オペレーティングシステムは、シングルおよびマルチプログラミングバッチシステム、分散オペレーティングシステム、リアルタイムオペレーティングシステムとしてさらに分類することができます。 一方、カーネルはモノリシックカーネルとマイクロカーネルに分類されます。
  4. カーネルは、メモリ管理、プロセス管理、タスク管理、およびディスク管理の面倒を見ます。 しかし、カーネルの責任に加えて、オペレーティングシステムはシステムの保護とセキュリティにも責任があります。

結論:

オペレーティングシステムは重要なソフトウェアであり、オペレーティングシステムなしでシステムを実行することは不可能です。 カーネルは、オペレーティングシステムにおいて重要なプログラムであり、カーネルオペレーティングシステムなしでは動作しません。

Top