推奨されます, 2019

エディターズチョイス

コネクション型サービスとコネクションレス型サービスの違い

通信は、コネクション型でコネクションレス型の2つ以上のデバイス間で2つの方法で確立できます。 ネットワーク層は、データを転送するために、これら2つの異なるタイプのサービスを前の層に提供できます。 コネクション型サービスコネクションの確立と終了を伴いますが、コネクションレス型サービスはデータの転送にコネクションの作成と終了のプロセスを必要としません。

コネクション型サービスとコネクションレス型サービスのもう1つの違いは、コネクション型通信ではデータのストリームが使用され、ルータの障害に対して脆弱であるのに対し、コネクションレス型通信ではメッセージが使用され、ルータの障害に対して堅牢です。

比較表

比較の基礎コネクション型サービスコネクションレスサービス
事前接続要件必要必須ではありません
信頼性信頼性の高いデータ転送を保証します。保証しません。
混雑ありそうもない発生する可能性があります。
転送モードそれは回線交換および仮想回線を使用して実装することができます。パケット交換を使用して実装されています。
失われたデータ再送信実現可能実際には、不可能です。
適合性長く安定したコミュニケーションに適しています。バースト送信に適しています。
シグナリング接続確立に使用されます。シグナリングの概念はありません。
パケット転送パケットは順次宛先ノードに移動し、同じ経路をたどります。パケットは、同じルートをたどらずにランダムに宛先に到達します。
ディレイ情報の転送には遅れがありますが、いったん接続が確立されると、より速い配信が達成されます。接続確立フェーズがないため、送信は速くなります。
資源配分割り当てる必要があります。事前にリソースを割り当てる必要はありません。

コネクション型サービスの定義

コネクション型サービスは、データを送信する前に通信エンティティが接続を確立することを要求する電話システムに似ています。 TCPは、ATM、フレームリレー 、およびMPLSハードウェアと同様にコネクション型サービスを提供します。 ハンドシェイクプロセスを使用して、送信者と受信者間の接続を確立します。

ハンドシェイクプロセスには、次の手順が含まれます。

  • クライアントがサーバーにデータ転送用の接続のセットアップを要求します。
  • サーバープログラムはTCPに接続が受け入れられることを通知します。
  • クライアントはSYNセグメントをサーバーに送信します。
  • サーバーはSYN + ACKをクライアントに送信します。
  • クライアントは3番目のセグメント、つまりACKセグメントのみを送信します。
  • その後、サーバーは接続を終了します。

より正確には、それはその接続を使用して接続を設定し、接続を終了します。

受信者に各メッセージを確認させることで信頼性が達成されます。 シーケンス処理フロー制御があり、それが受信側で受信されたパケットが常に正しい理由です。 データの伝送に回線交換を使用します。

コネクション型トランスポートサービスは、事前に2つのリモートデバイス間に仮想回線を構築します。 この目的のために、COTSは4つの異なる種類のサービスを上位層で利用できるようにします。

T-コネクトこのサービスは、ピア機能を備えたリモートデバイス上で全二重トランスポート接続を可能にします。
T-DATAこのサービスはデータを転送するために使用され、不確実なサービスと限られた量のデータを提供する可能性がありますが
それでも、それは信頼できます。
T-EXPEDITED-DATAこのサービスはデータ転送にも使用されますが、最大16オクテット(バイト)までの限られた量の優先データを伝送します。
T-ディスコネクトトランスポート接続を終了し、接続要求を拒否するためにも使用されます。

ここで、TはTransferを表します。

コネクションレスサービスの定義

コネクションレスサービスは郵便システムに似ています 。 どのパケットのデータ(通常はデータグラムとして知られている)が送信元から送信先に直接送信されるか。 各パケットは個別のエンティティとして扱われるため、通信エンティティは通信を確立する前にデータを送信できます。 各パケットは、目的の受信者を識別するための宛先アドレスを伝送します

パケットは固定パスをたどらないため、受信側で受信されたパケットの順序は乱れます。 データ転送にパケット交換を使用します。

ほとんどのネットワークハードウェア、 インターネットプロトコル(IP) 、およびユーザーデータグラムプロトコル(UDP)は、コネクションレスサービスを提供します。

コネクションレストランスポートサービスは、その上位層にT-UNIT-DATAという1種類のサービスのみを提供します。 それは全ての送信に対して単一の孤立データユニットを提供する。 各ユニットには、配信に必要なすべてのプロトコル制御情報が含まれていますが、順序付けとフロー制御に関する規定は含まれていません。

コネクション型サービスとコネクションレス型サービスの主な違い

以下のポイントは、コネクション型サービスとコネクションレス型サービスの違いを説明しています。

  1. コネクション型サービスでは、通信のための事前接続が必要です。これに対して、コネクションレス型サービスでは必要ありません。
  2. 信頼性は、コネクションレスサービスと比較してコネクション指向です。
  3. トラフィックの輻輳はコネクションレス型サービスで大きくなりますが、コネクション型サービスではその発生はまれです。
  4. コネクション型サービスでは、宛先で受信されたパケットの順序は送信元から送信されたものと同じです。 それどころか、コネクションレスサービスでは順序が変わる可能性があります。
  5. コネクション型サービスではすべてのパケットが同じパスをたどりますが、コネクションレス型サービスではパケットはランダムなパスをたどって宛先に到達します。
  6. コネクション型サービスはバースト性のある伝送に適しているのに対し、コネクション型サービスは長く安定した通信に適しています。
  7. コネクション型サービスでは、センダとレシーバは互いに同期していますが、コネクションレス型サービスの場合はそうではありません。
  8. コネクション型サービスは回線交換を使用するのに対して、パケット交換はコネクションレス型サービスで使用されます。
  9. 帯域幅要件はコネクション型サービスでは高く、コネクションレス型サービスでは低くなります。

結論:

コネクション型サービスとコネクションレス型サービスの両方にそれぞれ長所と短所があります。 コネクション型サービスは信頼性があり、長距離通信に適していますが、低速で、より高い帯域幅が必要です。 同様に、コネクションレスサービスは高速で、狭い帯域幅を必要とし、バースト通信には十分ですが、必ずしも信頼できるとは限りません。

それで、我々は両方のサービスがそれらの等しい重要性を持ちそしてデータ伝送と通信のために必要であると結論を下す。

Top