推奨されます, 2022

エディターズチョイス

有糸分裂と減数分裂の違い

有糸分裂は染色体の二倍体数を持ち、 46染色体の 2つの同一の娘細胞を生成しますが、メイオシスでは、ヒト細胞にそれぞれ23の染色体を持つ半数体の染色体を持つ4つの遺伝的に異なる娘細胞が生成されます。 第二に、有糸分裂は体細胞で起こり、減数分裂は性細胞または配偶子細胞で起こります。

上記の点は、2つを区別するための重要な点ですが、焦点を絞る必要があることは他にもあります。そのため、読者は有糸分裂と減数分裂という用語についてより明確になります。

生命は単一のセルから始まり、それはさらに分割され、成長し、割り当てられたタスクのために機能し始めます。 体の成長と発達を目的とし、親DNAを子孫に移します。 これにより、有糸分裂と減数分裂の明確な特徴と、それらが互いにどのように異なるかを研究します。

比較表

比較の根拠有糸分裂減数分裂
意味有糸分裂は、無性生殖または栄養成長を目的として、すべてのタイプの細胞(性細胞を除く)で起こる細胞分裂のプロセスです。減数分裂は、配偶子形成による有性生殖をサポートする、減数細胞と呼ばれる特殊なタイプの細胞で起こるプロセスです。
発見者ウォルター・フレミング。オスカー・ハートウィグ。
サイクルを完了するために必要な手順前期、中期、後期、終期。
前期I、中期I、後期I、終期I; (減数分裂II)、前期II、中期II、後期IIおよび終期II。
で発生体細胞。生殖細胞。
その他の機能シナプスと交差のプロセスはありません。減数分裂Iの間に、相同染色体のシナプスと交差が起こります。
遺伝的同一性は、有糸分裂後も同じままです。遺伝的変異は、名誉分裂中に気づかれます。
核部門は1つだけです。核分裂は2つあります。
ホモログのペアはありません。ホモログのペアリングが発生します。
母細胞は二倍体または半数体であり得る。母細胞は常に二倍体です。
二倍体である2つの娘細胞の生産があります。4つの半数体の娘細胞の生産があります。
染色体の数は同じままです。染色体数が半分に減ります。
染色体のペアリングは発生しません。染色体のペアリングは、前期Iの接合体の間に起こり、中期Iまで続きます。
性細胞を産生しません。この段階では、雄の精子細胞または雌の卵細胞のいずれかである性細胞のみが産生されます。
ヌクレオリはテロフェーズで再び現れる。Telophase Iにはありません。
核分裂は間期に起こりますが、細胞質分裂は終期に起こります。カリオキネシスは間期Iで起こります。ここで、細胞質分裂はテロフェーズIおよびIIで起こります。
チアスマタは欠席しています。チアスマタは前期Iと中期Iの間に見られます。
紡錘繊維は、終期に完全に消えます。終期Iに存在する。
動原体の分裂は後期に起こります。後期IおよびIIでは動原体のそのような分裂はありません。
Prophaseの期間は短く(数時間のみ)、非常に簡単なプロセスです。
このプロセスは、Prophaseが複雑で長くなります(数日間続く場合があります)。
前期の染色体の2つの染色分体の交換はありません。
相同染色体の2つの染色分体の交換は、交配時に起こります。
関数それらは、細胞成長時に機能します。
このプロセスは、配偶子の形成と有性生殖において主要な役割を果たします。
身体の修復と治癒のメカニズム中にアクティブになります。これらは染色体数の維持に積極的です。

有糸分裂の定義

細胞分裂の方法。細胞の核が2つの娘核に分裂します。 これらの娘細胞には、親核と同じ数の染色体が含まれています。 これは無性生殖のプロセスであるため、単細胞真核生物にとって不可欠です。 それとは別に、多細胞真核生物では、体の成長、修復メカニズムなどで多くの役割を果たします。有糸分裂は数分または数時間で完了することがあります。 それは、細胞、種、温度、場所、日によって異なります。

有糸分裂は、さまざまな段階を経ることで完了します。 これらの段階は前期、中期、後期および終期であり、これに加えてさらにいくつかの段階があり、これらについてさらに説明します。

間期 -これは準備段階であり、技術的には有糸分裂の一部ではありませんが、重要な役割を果たします。 間期は、DNAを複製し、分裂のために完全に成長するように細胞を準備することにより、有糸分裂を開始および終了します。 同一のDNAセットが細胞内に配置されると、有糸分裂のプロセスを受ける準備が整います。

前期 -これは有糸分裂の最初の段階で、染色体が太くなり凝縮します。 これで、紡錘繊維が形成され始め、核膜が崩壊します。

中期 -ここでは、染色体があり、それぞれ染色体が重複しているため、細胞の正中線に整列します。

後期 –これでは、各染色分体ペアが分離し、紡錘繊維の支持により、細胞の端に向かって反対方向に引っ張られます。

テロフェーズ –ここでは染色体が再び凝縮され、紡錘線維と核膜が核小体の周囲で再び形成され始めます。 細胞質は、染色体の数が等しい2つの娘細胞にも分かれます。 セルは再び間期の準備が整います。

減数分裂の定義

2つの核分裂 (減数分裂Iおよび減数分裂II)に続いて有性生殖生物によって細胞分裂が発生し、4つの半数体配偶子または性細胞が産生されるプロセス。 各セルには、相同染色体のペアが含まれています。これは、細胞間でランダムに分布する父方染色体と母方染色体を意味します。

減数分裂は、2つの連続した核分裂、 第1減数分裂 (または減数分裂I)および第2減数分裂 (減数分裂II)を持つ非同一性細胞を生じさせます。 核分裂には、前期、中期、後期、終期という4つの段階もあります。

間期では、細胞が複製され、染色体が凝縮して反対側の端に向かって引っ張り、交差時にそれらの相同体と対になる。 さらに、細胞は分裂して2つの細胞を形成します。 これらは減数分裂Iのプロセスであり、これら2つの新しく形成された細胞では減数分裂IIのプロセスが行われます。

現在、これらの2つの細胞はさらに2つの細胞に分かれており、分離された染色分体が含まれているため、 4つの遺伝的に異なる半数体細胞が形成されます。 減数分裂は、染色体が半分に減少し、異なる遺伝子組換えと独立した品揃えによって変異を生じる重要なプロセスです。

有糸分裂と減数分裂の主な違い

以下に示すのは、生体内で発生する2つの主要な細胞分裂タイプを区別するための本質的な違いです。

  1. 体細胞(性細胞を除く)の置換のために発生し、体の修復メカニズムと成長に役立つ細胞分裂のプロセスは、 有糸分裂として知られています。 それらは、栄養繁殖または無性生殖の場合に起こることが知られています。 一方、卵細胞や精子細胞などの性細胞の産生で起こることが知られている細胞分裂のプロセスは、配偶子形成による有性生殖をサポートし、 減数分裂と呼ばれます。
  2. 有糸分裂はWalther Flemming によって発見され 、減数分裂はOscar Hertwigによって発見されました。
  3. 有糸分裂のサイクルを完了するために必要なステップは、前期、中期、後期、終期ですが、減数分裂の場合、分裂は次のような2つの主要な段階に分かれます:減数I-前期I、中期I、後期I、終期I; および減数分裂II-前期II、中期II、後期IIおよび終期II。
  4. 有糸分裂は体細胞で発生するため、シナプスと交叉のプロセスはありませんが、減数分裂は生殖細胞で起こり、シナプスと交叉は減数分裂Iの間に相同染色体で起こります。
  5. 有糸分裂の主な目的は体の成長であるため、細胞分裂後であっても遺伝的同一性は分裂後も同じままです。
    しかし、遺伝細胞の減数分裂の場合、分裂中にこれらの細胞が性細胞の産生に役立つため、気づかれます。
  6. 有糸分裂には核分裂が1つしかなく、相同染色体はペアリングに関与していないが、逆に減数分裂には核分裂2つあり、相同染色体のペアリングが起こる。
  7. 母細胞は半数体または二倍体であり、有糸分裂の場合に2つの娘細胞(二倍体)しか生じませんが、母細胞は常に二倍体であり、減数分裂では4つの娘細胞(半数体)を生じます。
  8. 有糸分裂では染色体数は同じままですが、減数分裂では染色体数が半分に減少します。
  9. ヌクレオリは終期に再び出現しますが、分裂期には核分裂が起きてもキアズマタは存在しませんが、細胞分裂は有糸分裂の終期に起こりますが、減数分裂では核期は終期Iに見られません。 Interphase Iに配置します。 細胞質分裂はテロフェーズIおよびIIで起こります。
  10. 有糸分裂では、分裂後期に動原体の分裂が起こり、紡錘線維は終期に完全に消失しますが、分裂後期IとIIでは動原体のそのような分裂はなく、紡錘線維は終期Iに存在します。
  11. 前期の期間は短く(数時間のみ)、有糸分裂では単純なものです。 一方、プロフェーズは複雑であり、より長い期間です(数日間続く場合があります)。
  12. 有糸分裂は、細胞の成長時に機能的であり、身体の修復と治癒のメカニズムの間にアクティブです。 減数分裂は、配偶子の形成と有性生殖に重要な役割を果たし、染色体数の維持に積極的です。

類似点

  • 有糸分裂と減数分裂は両方とも細胞の核で発生し、光学顕微鏡で観察できます。
  • 両方のプロセスは、細胞の分裂を伴います。
  • 有糸分裂と減数分裂は、細胞周期のM期に起こります。
    前期、中期、後期、および終期は、両方のサイクルの典型的な段階です。
  • DNAの合成は両方のサイクルで発生します。
  • 有糸分裂および減数分裂の過程では、一度形成された心筋組織および神経組織の細胞の関与はなく、それ以上分裂しない。

結論

細胞分裂は新しい娘細胞を生み出し、それはあらゆる生物で起こる重要な出来事です。 したがって、一般的に、親のセルは分割され、2つ以上のセルを生成します。 時には、そのような分割の誤りが病気につながることもあります。 このセクションでは、2つのプロセスの本質的な違いを確認し、発生の理由を説明しました。

Top